ベラクルス州ハラパにて その3

6月22日(水)島田正治展覧会がベラクルス州ハラパにて開会しました。

毎日、ギャラリーに通い、島田正治の作品を一堂に眺めては父が40年かけて描いてきた長い年月を想います。

20160711-P6200048-obra.jpg

△展示中の掛け軸の作品

ベラクルス州 (Veracruz de Ignacio de la Llave) は、メキシコ合衆国31州の一つで、メキシコ湾の西岸、州都はハラパ(Xalapa)面積は72,815km²で、メキシコで11番目であり、2010年センサスで州の人口は7,638,378人でメキシコで3番目に人口の多い州である。(Wikipediaより抜粋)

メキシコ市から難波家の車2台でハラパへ出発です。プエブラを通り山間の高速道路(Autopista)を時速約120キロで走ります。今回難波家のファミリー旅行も兼ね、生後8か月の赤ちゃんも一緒なので途中休憩をとりながら4時間かけてハラパに到着しました。

気候は、ピコ・オリサバPico de Orizaba(5636m)と呼び親しまれているメキシコ最高峰のオリサバ山がすぐ後ろに控え、カリブ海などで発生するサイクロンの影響もありやや寒冷で多雨。訪れたときは雨季ということもあり降雨のあとは瀧のように雨水が流れ坂の町を一掃するかのよう。訪れる人々はみな厚手ジャケット持参で来ていました。

オリサバ山はメキシコで氷河を持つ3つの火山のうちの1つ、グラン・グラシャール・ノルテ(英語版)と呼ばれるメキシコ最大の氷河が9つ存在するそうで、この緑深い高い山のどこに氷河があるのかとしみじみと眺めました。

ホテル指定の町中のレストランLaCasonaで朝食&昼食。null

念願のアステカスープsopa Aztecaを食す。チポトレ(チレ)もすでに入っていますがこの地方特有のチポトレソースをかけていただきます。

昼食は雨降のあとだったりするので気温がぐっと下がったときにはスープや温かいお料理は体を温めてくれます。

20160721-P6190007-sopa.jpg

ベラクルス州ハラパにて その2

今回のメキシコ旅行での「食」についてのお話です。

ベラクルス州にはコアテペックCoatepec、コルドバCordobaというコーヒーの二大産地があります。いずれもハラパ市内から10キロ圏内で車があれば気軽に訪れる事ができます。

メキシコはブラジル、コロンビアに次ぐラテンアメリカでは第三のコ―ヒ―生産国、酸味とコクのバランスが良く、飲み飽きないのが特徴です。

20160711-P6210064-cafe.jpg

△Cafe Bora de Oro

今回も初めて訪れるベラクルス州ならではの民芸品を求めて探し歩きましたが、名産のコ―ヒ―はショップが至ることろに軒を連ねているのに、物販で紹介されているのはゲレロ州やチャパス州のものばかり(それらは確かに州境の近郊の町でもあります)。

残念ながらメキシコ湾岸のベラクルス(100km)まで行かないと地方色豊かな刺繍のブラウスは手に入らないようです。

*—*—*—*—*

メキシコが「メロンパン」発祥の地だということはご存じでしたか!?少し前、メロンパンが大好きな娘が「メロンパンの本」を読んでいて、聞くとメキシコが発祥だという。メキシコ行ったら写真撮ってきてね!という娘の注文に、毎日色々な種類の美味しいメロンパンコンチャLaConchaを食べました!日本のそれとは違い、しっとり柔らかな食感で何個でも食べられるという小ぶりサイズのものが多かったです。

20160711-P6200015-melon.jpg

△コンチャと呼ばれているパン各種

ハラパのレストランでは、サルサを頼むと「チレ・セコ」=チポ―トレchipotleのサルサが運ばれてくる。日本でも有名な「ハラペーニョ」を注文すると、ここでは「ハバネロ」だという。しかしハバネロは思っていたほど辛くなく新鮮な食感で食がすすみました。

カマレロに理由を聞くと、ここはメキシコ湾岸の州で、海のすぐ向こうのキューバの音楽や食がそのままダイレクトに伝わってくるんだ、とのこと。なるほどレストランのグランドメニュにはキューバ料理の影響を受けた豆料理などがたくさんありました。

ここのレストランのカマレロたちは皆機知に富んでいて、観光お勧めスポットやお料理のことなど、滞在中日々いろいろなことを教えてくれました。

その中でもカマレロ達の話の中で「トルメンタ・トロピカ―ナ」という言葉がたくさん聞かれましたが、初めて聞く新鮮な言葉で、メキシコ湾岸の町に来たのだなと実感しました。sol(7月15日)

ベラクルス州ハラパにて

ハラパXalapaの第一印象はとにかく「坂道」が多いこと。

今回ギャラリーが提供してくれた宿泊先ポサダ・マリキンタPosadaMariquintaもほとんど頂上に近い急坂の上にあり、毎日数回の昇り降りはちょっとしたハイキングです。現地の人は‘丘Cerro’と呼んでいたけれどわたしにとっては丘ではなくちょっとした小高い‘山’のように感じました。車を停車するのも至難の業ですが、車の乗降も後ろに重心がかかってしまい毎度大変でした。

20160710-P6190010-posada.jpg

△坂の途中に佇むポサダ

20160710-P6200017-saka.jpg

△ハラパは坂道の町

ホテルに着いてまず行ったことはやはりメールのチェックです。

今回もドコモの海外ローミングサービス利用でメキシコ到着時以降Telmexが有効と表示されてはいますが、電波状況により使える時とそうでないときがありとても不自由でした。

ホテルに着いてPCの有無を尋ねるとWifiはあるが貸し出せるPCはないとのこと。まあたまにはPCのない生活もよしとしようかなと思っていたところホテルから3分ほどのところにPCショップを発見。

10:00-20:00営業、利用料金は1時間12ペソ(約75円)。店内12台ほどの旧式(Vista以前の機種)デスクトップパソコンと丸椅子が設置、15分、30分、45分と画面右上にカウントされ、終了時に「Finish」ボタンを押して支払いします。今どきこんな商売があるなんてと思っていましたら、瞬く間に店内満席でびっくり、また店の外まで行列ができる日もありさらに驚きました。

メキシコのキーボードで手間取るのは‘@’アロバArrobaです。

聞くと教えてくれるのですが機種によってちがっていて「Ctrl+Alt+2」と「Shift+Q」の二通りあります。

メキシコ市に置いてきたタブレットがあればこんな苦労しなかったのに、なんて悔みながらメールを開いたら2日間で300件以上の受信メール。中には大切な仕事のメールもあるので一件一件チェックしていたら1時間なんてあっという間でした。

途中FBメッセンジャーにて「みんながレストランで待っているよ!」とのメッセージを発見、慌ててログアウトし、PCショップを後にしました。

毎日一回利用しているうちに安い料金ながらも「一時間」という決められた範囲内で処理するという作業が身につき、また時間の観念が再認識できたよい機会でした。つづく sol(7月10日)

メキシコ・ベニトファレス国際空港にて

アエロメヒコ航空AM057便で13時間の飛行を終え現地時間6月20日月曜日13時、メキシコ市のベニトファレス国際空港に到着しました。

雨季ということもあり薄曇りの天気、連日の降雨のせいか排気ガスのにおいはそれほど感じませんでした。

20160710-P6270142-am.jpg

△アエロメヒコ航空B787-8機

日本からアエロメヒコ直行便就航以来5度目の搭乗ですが入国審査で長蛇の列ができているのは今回初めて。メキシコ人入国者より外国人入国者のほうが俄然多いのです。

アエロメヒコ航空は米国を経由せずに日本または南米へ行かれるため米国査証(ビザ)も不要で便利なのだそうです。

日本からの機内も定員約300名のうちメキシコ人20%、韓国人10%、日本人団体観光客3グループが30%、ペルー人など南米系40%といった感じでした。

入国審査を終え、ターンテーブルで荷物を受け取り、荷物検査を受けるか否かのボタン(赤色:検査、緑色:通過)を押します。今回も無事に緑色となりさあ出口へ!と思っているところへ、右前方の男性検査官に呼び止められました。

今そこで緑色のボタンで通過したところで何の検査ですか?と尋ねると「我々はサガルパSAGARPA、植物検疫です。日本からの便ですね、米や食品を持っていますか?」と聞かれ、続けて「あなたの黄色いスーツケースを開けて見せて下さい」と言われしぶしぶ開いて見せました。

サガルパSAGARPAといえばメキシコ農務省、在日メキシコ大使館ではアボカドやマンゴーなどの食品輸出部門を担っている部所です。

幸い、この黄色いスーツケースには和菓子2箱のみで(もう一方のグレーのスーツケースにはぎっしり日本食を詰めていた)あとは着物など衣類でしたので検査官もあきらめた様子、事なきを得ました。

検査官の話によると、日本からの便ではお米や種、生の食品を持ち込む例が多く、持ち込み禁止だと知らない人が多いので困っています、ということでした。

またメヒコから帰国後、在日メキシコ大使館サガルパSAGARPA益田氏とお話する機会があり伺いましたところボンカレーなど肉類の入ったレトルト食品もメキシコへの持込み禁止なのだそうです。税関申告書書類にも具体的には記載ありませんから気をつけたいものです。

今回、入国審査から植物検疫まで、相手の言っていることが全て理解でき、自分の語学力もずいぶん進歩したものだと思いながら、出迎えてくれた運転手のホセ・アントニオとキヨミ―タと挨拶を交わし駐車場へ向かいました。つづく sol(7月7日七夕)

島田正治展覧会in ハラパ

島田正治展覧会がベラクルス州立大学ギャラリー(メキシコ・ハラパ)で始まりました。遠方ですが7月いっぱい開催中です。みなさまどうぞお出かけください。

Empezo la Expo de MASAHARU SHIMADA.Ahora esta expuesta la obra victorica de mi papa en la Galeria Ramon Alva de la canal en Xalapa hasta al domingo 31 de Julio,2016.

20160710-P6200025.jpg

ガレリア・ラモン・アルバ・デ・ラ・カナル 入口のフラッグ