キューバ紀行その3

追記

【トロピコーラのこと】

みなさんは「トロピコーラ」をご存じですか?キューバ産コーラでアメリカ時代の名残のひとつ。かなり甘いコーラですが、常温で売られていることが多く炭酸はほぼ抜けているような印象、他に飲み物の選択肢がないことで現地ではとてもお世話になりました。

【映画「ハバナ」】

帰国後ハリウッド映画「ハバナLaHabana」が公開されました。映画と同じ舞台に行ってきたことの懐かしさと興奮、あそこに、あのような華やかな時代があったのだなとしみじみ歴史の長さを感じました。

古く大きなアメリカ車と歴史地区の建造物、要塞、へミングウエイErnestHemingwayが22年間暮らしていた家などは当時のまま佇んでいました。

人々もかつての時代を名残惜しんでいるような、しかし今の暮らしに満足しているのか街のあちこちで陽気な音楽が流れ踊っている人、道端でサッカーをしている子供たち人々はみな明るかったです、さすがラテンの国ですね。

【ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ】

1999年ヴィム・ヴェンダース監督により、同名の音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブBuena Vista Social Club』が制作される。ワールドツアーの模様も収録、映画の後半に映ったカーネギー・ホールでのライヴ録音が2007年に『ライヴ・アット・カーネギー・ホール』としてCD化された。

この映画が日本で上映されたのは確か翌年2000年だったと思いますが、さすがに来日ライブには行けなかったのでせめて映画だけでもと保育園帰り当時1歳半の娘を抱っこしあやしながら夢中になって観たのを憶えています。

こんな素晴らしいライブ映像はめったに観られるものではないのになぜ観客が少ないのかなと思う反面、幸いなことにすいていたので人に迷惑をかけることなく最後まで観きることができた次第です。

【教育と医療事情】

オフィス業務以外の市民はランニングシャツまたはTシャツに短パンにゴム草履という服装が多く、気候が温暖だと生きてゆくのに洋服はあまり必要ないのだなと思いました。

キューバでは「アメリカに半植民地にされたのはアメリカのプロパガンダを国民が見抜けなかったから」というカストロ氏の考えから、教育に国を挙げて力をいれていて教育は無償ラテンアメリカでは最高水準だそうです。

キューバの医療制度はプライマリ・ケアを重視した医療制度を採用、独特の社会福祉政策と同様「キューバ・モデル」として有名である。人口10,000人中の医師数が67.2人と世界で最も多いグループに属する。ファミリードクター制を採用し、各地区に配置された医師が地域住民の健康状態の把握を行っている。家庭医は往診が基本である。医学部は無料で留学生(アメリカ人も含む)も無料である。(Wikipediaより抜粋)

このモデルは本当に素晴らしいことだと思います。キューバの人達はみな胸を張って自慢します。

【ハバナの免税店】

キューバ出国時の免税店ではスペイン語・英語・中国語表記があり中国産のお土産(天然石の置物)などがガラスケースの中で売られていました。日焼けした労働者風のアジア人も多く、聞いた話によると北朝鮮の人達が労働に来ているということです。

わたしたち資本主義国の人間は、社会主義国の人と滅多に会う機会はないけれど、他国ではこのように人や物が流通しているのだなと思いました。

【国際電話】

予定のメヒカーナ航空に乗れずメキシコ市に国際電話を入れた際、キューバでは国営の電電公社みたいなところで10台ほどの電話ボックスがありオペレータが相手を呼び出し相手国とつながったら指定のボックスで話すという方式でした。

かつての日本でも電話交換手がいましたが、ここでは全ての物事にとてつもない時間と手間をかけているたのだなと思いました。

ホテルのエレベータでは丸椅子に腰かけたセニョーラが爪を磨きながら「何階ご利用ですか〜」とボタンを押す光景もあちこちで見られました。ワークシェアならぬ分業体制です。

【アイロン】

同行したマルタはキューバまでアイロン持参で、衣類全てにアイロンをかけてから着用していました。メキシコの物はしわになり易いし衛生面の理由もあってのことだそうです。下着にもアイロンかけているのにはびっくり。「てるひも使う?」と聞かれたけれど、お借りすることはありませんでした。アイロンをかける=Plancharという単語はこのとき覚えたものです。

【バレーボール選手】

ハバナからメキシコへ戻るメヒカーナ航空ではキューバの女子バレーボール・ナショナルチームと同じ便でした。東洋の魔女ならぬ「カリブの魔女たち」でした。

【Intur】

外国人専用ショップTiendasInturは市内数か所にあり、USドルで支払うことができるもののおつりが外国人専用通貨(兌換ペソ)で戻ってきます。ゲームセンターのコインのように軽く使い切るか出国時に寄付する箱が置いてありました。

これからはUSドルで通用する時代の幕開けとなるのでしょうか。sol(4月16日)