アイソン彗星

アイソン彗星ISONが観られる日が1カ月後に近づいてきました。太陽に最も接近するその近日点通過は11月29日だそうです。

近日点通過とは、太陽に最も近づくときのことで、アイソン彗星は太陽に近づく軌道を持っていて、太陽に熱せられ活動が活発になり明るくなり、わたしたちが肉眼でも見えるほどの明るさになるとのことです。

【アイソン彗星について】

2012年9月21日(世界時)、ベラルーシのヴィタリー・ネフスキー(Vitali Nevski)とロシアのアルチョム・ノヴィチョノク(Artyom Novichonok)は、国際科学光学ネットワークの40cm反射望遠鏡を用いた観測で、かに座方向におよそ19等の彗星状の天体を捉えました。発見時、この天体にはわずかに拡散したコマが認められましたが、その後の複数の確認観測により彗星と確定され、「アイソン彗星(C/2012 S1(ISON))」と命名されました。アイソン(ISON)は、発見者が所属する国際科学光学ネットワーク(International Scientific Optical Network)の略称です。

発見時の、太陽からアイソン彗星までの距離は約6.3天文単位、木星の軌道よりも外側の遠い位置でした。(参考:CBET No.3238, 2012 September 24)

しかし一方で、太陽に極端に近づく軌道を持つ彗星の場合、近日点通過の際に、彗星本体が分裂したり崩壊したりして、姿を消してしまう可能性もあります。彗星が分裂・崩壊せずに近日点通過後も元の姿をとどめるか否かは、彗星本体の大きさやもろさとも関係します。近日点通過後のアイソン彗星が、どのような姿で再び私たちの前に現れるかは予測が難しいところです。

※自然科学研究機構国立天文台ホームページより抜粋

*—*—*—*

確か3カ月ほど前、JALホームペ―ジより「JALチャーター機に乗って空からアイソン彗星を眺めよう」の12月8日発ツアーのお知らせをもらっていましたが、つい先日娘が学校の理科の先生から、11月29日に肉眼でとても大きく観られる彗星が観察できるという話を聞いてきて思いだしました、それがアイソン彗星です。

小さい頃から小学校行事でプラネタリウムを観に行くことが多く、わたしは、あのお腹に響くような音響とドームの夜空の天体ショ―が大好きでした。

今まで観た中で一番感動した夜空は、平成10年11月のしし座流星群と、毎夏休みに家族旅行で行った八丈島です。滞在中お天気に恵まれ、特に夜空は毎晩満天の天の川で、今にも星たちが降ってきそう、手が届きそうなほど近く観えました。

夫に肩車された幼い娘と、就学前の息子がウワ―ッと夜空に手を広げて星を掴んでいるようなしぐさをしたその姿がとても印象に残っています。

JALツアー発売当初は、明け方出発のツアーだしきっと高くて行かれないけれどいくらくらいかなと思っていました。それが先日のDMメールで「完売御礼」となっていてもうだめかと思っていたところ、価格表の下方に「翼の上」と「通路側」の2万円台がわずかに残席あったようで、子供たちに「雲の上の飛行だからお天気には左右されないし彗星自身が消滅してしまうこともあるらしいけれど、行ってみる?」

と聞いているその間に「完売御礼」の印がついてしまいました。

トホホでしたが、人生そんなものです。では地上から明け方の東の空を駆けるアイソン彗星を肉眼で観られることを願って!sol(10月29日2013年)

はやぶさ

少し前に映画「はやぶさ」を観ました。

息子の通っていた高校の卒業生に宇宙飛行士の若田光一さんがいるので、現在住んでいるここさいたま市では宇宙の話題には事欠くことがありません。

先日も宇宙科学館で講演会が開かれていました。

わたしが小さい頃は、大きくなったら「野球選手になりたい」子供が多かったように思いますが、ここさいたま市では小さい頃からクラブチームや草野球ならぬ大小サッカーチームも多く「サッカー選手になりたい」というお子さんがとても多いです。子供にとって育った環境、土壌はとても大切ですね。

同様に、世界を超えて宇宙への道を切り拓いてくれた若田光一さんに続け!とばかりに、天文学者や宇宙関係の道に進まれる人が増えてくれることを願っています。

*—*—*—*—*

わたしが空を眺めたり星を観るのが好きな事と、それもあって「はやぶさ」は是非観てみたい!とかねてより思っていました。

実話を映画化したもので淡々としたスト―リ―なのかなと思っていましたが、観はじめたら、涙があふれ、最後は涙が止まらなくなってしまいました。

【はやぶさ(ストーリ―)】

2010年6月13日、日本から打ち上げられた小惑星探査機<はやぶさ>が、いくつもの絶体絶命のピンチを乗り越えて、地球に帰って来た。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るという、NASAでさえ成し得なかったミッションを果たすために―。わずか1〜2メートル四方の小さな<はやぶさ>の7年間・60億キロに及ぶ旅を支えたのは、ユニークな経歴を持つメンバーで構成されたプロジェクトチームだった。プレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、心を一つにして立ち向かうチームのメンバーたち。不屈の魂を持つ彼らに心をわし掴みされた日本の映画人とハリウッドのスタジオが強力タッグを組み、プロジェクトチームの闘いの日々を追いかけた、感動のエンタテインメント!

*—*—*—*

小惑星<イトカワ>のサンプルを採取して持ち帰る任務を受けた「はやぶさ」は無事に宇宙へ出発しましたが、ロスト(行方不明)や燃料不足にあえぎ苦しみながらも日本の期待に応え大役を果たして帰還します。

小惑星<イトカワ>は糸川英夫先生の名前が命名された平均半径が約160メートル、長径500メートルあまりしかない小天体であり、 これはこれまで惑星探査機が探査を行った中で最も小さな天体でピーナッツのような(映画の中では「ラッコ」と表現しています)形をしています。

【イトカワ】

イトカワと命名される

2003年5月9日、内之浦宇宙空間観測所からM-Vロケット5号機によってMUSES-Cは打ち上げられ、はやぶさと命名された[18]。打ち上げ後、はやぶさはEDVEGAを用いて1998 SF36を目指すため、5月末からイオンエンジンの運転を開始した[19]。そして宇宙科学研究所ははやぶさの目的地である1998 SF36に、日本のロケット開発の父・糸川英夫の名前を付けるよう命名権を持つ発見者のLINEARに依頼した。LINEARはこれを受けて国際天文学連合に提案、2003年8月6日に承認されて「ITOKAWA」と命名された[20]。2004年5月19日には、はやぶさはEDVEGAによる地球スイングバイを成功させ、秒速30キロメートルから34キロメートルへと増速がなされ、予定通りイトカワへ向かう軌道に乗った[21]。※ウィキぺディアより抜粋

「ぼくの故郷地球はほんとうにきれいだ。みんな、ただいま。」

大役を終え、そう言って大気圏に突入して帰還するとき「はやぶさ」くんはあっという間にバラバラになっていきます。

この小惑星<イトカワ>の糸川先生の

「宇宙実験では失敗と呼ばず<成果>と言う」

この言葉は、宇宙実験だけでなく今のわたしたちの行動の全てにあてはまると思いました。

それまでは失敗は成功の元、と子供たちに言ってきましたが、以来この<成果>の話をするようにしています。本当によい言葉だと思いました。

映画をご覧頂ければおわかりになりますが、JAXAが全面協力、7年間で60億キロ活動し日本中に勇気をくれた「はやぶさ」くんと、それを支えた人々を描く感動の物語です。

是非一度ご覧ください。sol(10月17日2013年)