夏休みの思い出―1970年代

夏休みの思い出4

父がメキシコに住み始める1986年までの夏休みは、西伊豆・松崎温泉の民宿滞在か、京都に行っていました。

【京都の思い出】

京都・二条の家は父の実家です。

当時は、家業である紋章上絵師の祖父と後継ぎの三男の叔父家族が、また隣には長男の伯父家族が住んでいました。

京都では、7月には祇園祭、8月はお盆休みや大文字焼き(五山の送り火)があり、わたしたち一家は、母が中学校教員でしたので「登校日」が終わってからの、京都の家族の忙しさが一段落する地蔵盆の頃に行くことが多かったように思います。

地蔵盆(じぞうぼん)は8月23日、24日で、地蔵菩薩の縁日(毎月24日)であり、なおかつお盆の期間中でもある旧暦7月24日に向け、その前日の宵縁日を中心とした3日間の期間を指し、またそのうちの日を選んで行われる地蔵菩薩の祭のことをいう。地蔵盆は一般には寺院に祀られている地蔵菩薩を対象とした祭りではなく、道祖神信仰と結びついた路傍あるいは街角(辻)の地蔵が対象となっている。(wikipediaより抜粋)

同年代の従兄妹たちがいたので当番のお宅に一緒に連れて行ってもらうのですが、決まって「東京から来たんや、従姉妹やで」と紹介してもらいます。

お供え物をして「百万遍大数珠繰り」を行うということを後に知りましたが、私が参加した地蔵盆では一度もやったことなかったです(記憶にないだけかも)ただただ東京にはない珍しいお菓子が食べられる嬉しさや初めて会う同年代の子供たちと共通の話題をさがしたりちょっぴり緊張しながら過ごす子供だけの世界でした。

恐らく町内の子供の人数分お菓子の袋が用意されているのでわたしたち姉妹の分をいただくのが子供心に申し訳ない気がしていました。が、叔父や伯父たちが「小川の島田です、正治さんとこの子供や。」というと不思議と自然にお菓子をもらうことができました。

父は4人兄弟の中ではかなりのいたずらっ子だったようですが学級委員(級長)をしたり後には堀川高校を卒業、京都教育大学から学芸大学に編入したことを、町内の方々はご存じのようで「ああ正治はんとこね」と近所のおばさん達が頷いてお菓子をくれたものですが、これは今から思えば「京都から東京に出て行ってしまった息子さん」というニュアンスの頷きだったようです。

この後1986年にメキシコへ渡ってからは、ようやく海外在住の「画家」としての「正治はんとこね」言われるようになった気がします。

そして私も京都へは家族旅行としてではなく一人旅として訪れるようになり、大学時代は毎春休み訪れていました(叔母には本当にお世話になりました)が1986年メキシコ観光に就職してからの夏休みは仕事を兼ねてほとんどメキシコ旅行となっていきました。

sol(7月20日)