夏休みの思い出―1970年代

夏休みの思い出4

父がメキシコに住み始める1986年までの夏休みは、西伊豆・松崎温泉の民宿滞在か、京都に行っていました。

【京都の思い出】

京都・二条の家は父の実家です。

当時は、家業である紋章上絵師の祖父と後継ぎの三男の叔父家族が、また隣には長男の伯父家族が住んでいました。

京都では、7月には祇園祭、8月はお盆休みや大文字焼き(五山の送り火)があり、わたしたち一家は、母が中学校教員でしたので「登校日」が終わってからの、京都の家族の忙しさが一段落する地蔵盆の頃に行くことが多かったように思います。

地蔵盆(じぞうぼん)は8月23日、24日で、地蔵菩薩の縁日(毎月24日)であり、なおかつお盆の期間中でもある旧暦7月24日に向け、その前日の宵縁日を中心とした3日間の期間を指し、またそのうちの日を選んで行われる地蔵菩薩の祭のことをいう。地蔵盆は一般には寺院に祀られている地蔵菩薩を対象とした祭りではなく、道祖神信仰と結びついた路傍あるいは街角(辻)の地蔵が対象となっている。(wikipediaより抜粋)

同年代の従兄妹たちがいたので当番のお宅に一緒に連れて行ってもらうのですが、決まって「東京から来たんや、従姉妹やで」と紹介してもらいます。

お供え物をして「百万遍大数珠繰り」を行うということを後に知りましたが、私が参加した地蔵盆では一度もやったことなかったです(記憶にないだけかも)ただただ東京にはない珍しいお菓子が食べられる嬉しさや初めて会う同年代の子供たちと共通の話題をさがしたりちょっぴり緊張しながら過ごす子供だけの世界でした。

恐らく町内の子供の人数分お菓子の袋が用意されているのでわたしたち姉妹の分をいただくのが子供心に申し訳ない気がしていました。が、叔父や伯父たちが「小川の島田です、正治さんとこの子供や。」というと不思議と自然にお菓子をもらうことができました。

父は4人兄弟の中ではかなりのいたずらっ子だったようですが学級委員(級長)をしたり後には堀川高校を卒業、京都教育大学から学芸大学に編入したことを、町内の方々はご存じのようで「ああ正治はんとこね」と近所のおばさん達が頷いてお菓子をくれたものですが、これは今から思えば「京都から東京に出て行ってしまった息子さん」というニュアンスの頷きだったようです。

この後1986年にメキシコへ渡ってからは、ようやく海外在住の「画家」としての「正治はんとこね」言われるようになった気がします。

そして私も京都へは家族旅行としてではなく一人旅として訪れるようになり、大学時代は毎春休み訪れていました(叔母には本当にお世話になりました)が1986年メキシコ観光に就職してからの夏休みは仕事を兼ねてほとんどメキシコ旅行となっていきました。

sol(7月20日)

夏休みの思い出―1976年

夏休みの思い出3

【サイクリングで奈良古墳巡り】

母が世田谷区で教員をしていたので修学旅行で訪れた奈良飛鳥のサイクリングがとても楽しかったので、翌年わたしたち姉妹を連れて行ってくれました。

京都の二条の家から奈良へと向かいました。

サイクリングのルートマップのようなものがあり、それに従い周ります。お天気もよく炎天下で水分補給で休憩しながらだったとは思いますがよくぞ母一人で2人を率いてくれたと、今になって思います。

折りしも1972年に発見された高松塚古墳の極彩色の壁画をはじめ奈良古墳巡りがブームになった頃でした。みなさんも行かれた方は多いのではないかと思います。

6世紀末から7世紀末までの約100年間、日本の中心地だった飛鳥。その後、日本初の本格的な都として計画され機能した藤原京が造られました。日本の古代史の舞台となった地です。(歩くなら、より抜粋)

明日香村の飛鳥寺、石舞台古墳、大和三山を訪れそして樫原神宮にて昼食をとったと母が教えてくれましたが、わたしが覚えているのは、暑くて汗だくだったことと石舞台古墳の大きな石と地面の照り返しが熱くて熱くて長時間いられないなと思ったことです。

そのサイクリングして訪れたルートを自分のイラストと写真で模造紙に描き社会科の宿題として提出しました。わたしの記憶は、描くことによって維持されているようです(笑)。

そしてこれを最後に以降は家族でメキシコ旅行に行くようになりました。sol(7月18日)

夏休みの思い出―1960年代、幼少の頃

夏休みの思い出2

夏の旅行といえば、京都と、そして「兵庫県の竹野」でした。

【父の心の故郷・竹野】

竹野は兵庫県の日本海側の町で、父の母である、早くに亡くなった祖母・千代の故郷です。父たち兄弟は夏になるとここへ遊びに行ったそうで当時は「おはなはん」と呼ぶ叔母と父の従姉弟たちが暮らしていました。

泳いだのは竹野や切浜の海岸で日本海は深い色(深そう)で波も荒かったような。そしてやたら大きな海藻や藻、そしてフナ虫がいて、ビーチサンダルで海辺を歩くと波に足をさらわれそうになったりしてちょっぴり怖いけれど、長期滞在型でしたので来る日も来る日も海で過ごした記憶があります。

ここは同じ夏休みでも暑かった思い出はなく、古くて黒い漆喰の床や階段がお化け屋敷のようでゾクッときたので、子供心に涼しく感じたのかもしれません。

また蚊帳釣りで寝るので夜もどのようにおトイレを済ませたのか、こちらも怖くて覚えていません。

ここでは竹野の「おはなはん」叔母が別れ際に金平糖をくれたのが印象深く、またその甘くてしっとり消えてゆく味が実に美味しかったことを覚えています。

今でも金平糖を見かけると買って食べたくなりますし、お茶席で出ますと素直に「美味しい!」と感じます。小さい頃の味覚や思い出は一生忘れられないものになっているのだなとしみじみ思います。sol(7月19日)

夏休みの思い出ー1970年

もうすぐ夏休み、梅雨明け宣言が出され蝉の鳴き声が響いています。どこへ行くのか待ち遠しかった子供時代でした。

夏休みの思い出といえば「大阪」「兵庫」「京都」「奈良」へ行った家族旅行の思い出です。

【1970年の大阪万博】

父の叔母が通天閣近くでおこし屋さん(粟おこしです)を営んでいたので家族で泊めていただき大阪万博へ行ってきました。

このときの記憶で鮮明に残っているのがミドリ館。後に夏休みの絵に描きました、それで思い出したのですが、下から見上げただけのミドリ館だったのに絵に描いたものは上空からの眺めのパノラマ仕様でした。

そうなんです思い出に買ってきた絵葉書を見て描いたんですね。

そのミドリ館の色がとても色鮮やかだったので描く時にはクレヨンでグラデーションを出すのに苦労しました。エアドームも覚えています、そしてもちろん聳えていた太陽の塔と水前寺清子の「世界の国からこんにちは」のテーマソング。

今テレビコマーシャルで、ホンダの「ドラえもんシリーズ」ではタイムマシンで1964年東京オリンピックに遡っていますが、まさにあの時代の光景です。

この辺りの事は、同世代の方々は体に染み込んでいるのではないかと思われるほど万国共通の話題で会話が弾みます。

わたしもタイムマシンでもう一度大阪万博に行ってみたいなぁと本気で思いました。「ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)」にも色々な年代へ遡る時代背景が描かれており懐かしく読破したところです。

夏休みを終えると「万博行った?」が合言葉で、入場者数は史上最多の6421万人(上海万博7278万人には記録を塗り替えられましたが)会期終了の9月までにはほとんどのご家族が行ったようでした。

両親に手を引かれて出かけた暑い暑い夏の思い出です。

sol(7月17日)