中川一政展ー独行此道ーひとりこのみちをいく

5月18日(水)−30日(月)

10:00-19:30

横浜高島屋ギャラリー8階にて開催中。

お天気の良い初日に横浜在住の友人を誘って行ってきました!

今回の没後20年の展覧会は、3月日本橋高島屋に始まり大阪、京都そして横浜に戻ってきました。

デパート8階の会場ですので天井高はないものの、実際の作品を間近に観ることができ、作品の流れがわかりやすく展示解説されている展覧会です。

1991年97歳で亡くなるまで本当によく描き続けた作品群に心を打たれます。現在79歳の父・島田正治にも「まだまだ現場で描けるよ!」と電話で伝え励ましました。

父が中川一政さんを尊敬し慕っていたことを知っている知人の方から「てるひさんは中川一政さんに会ったことありますか?」と尋ねられ、そういえば小さい頃、父の展覧会場に杖をついて現れたとてもご高齢の画家さんがいらしたこと思い出しました。

それが中川一政さんだったのか、瀧井孝作さんだったか、北川民次だったかは定かではないのですが(今度父に確認してみますね)それが事実ならばわたしが小さい頃の事とはいえ、そんな間近に偉大な芸術家の方が居らしたのですからみなさんのお話(モンマルトルやセーヌ川のお話かな、、、などと想いを馳せながら。。。)を少しでも聞いてみたかったなと今更ながら、思いました。

今月いっぱい開催中です、どうぞご覧ください。sol(5月24日)