テオティワカンと黒曜石の話

テオティワカンTeotihuacanはメキシコ市の北東50キロにある巨大都市の遺跡群。アステカの言葉で「神々の座」を意味し、紀元前2世紀〜6世紀にかけて発展し最盛期には20万ともいわれた人口を擁していたメソアメリカ最大の都市、世界遺産にも指定されており太陽のピラミッド月のピラミッドが有名です。

南北に走る「死者の大通り」は東に16度(正確には15.30度)傾いておりその傾斜度は宇宙の天体と関係があるということが、国立人類学博物館Museo Nacional de Antropologiaの展示でも、またNHKにても解明されて放送されていました。

マヤ文明アステカ文明も早くから天体や自然を理解し生活に取り入れ、数字を持ち、カレンダーを作成していたということですから進んだ文明だったことでしょう。「2012年」の終末話もそこからきています。

現在、身近なところでいいますとビオディナミBiodaynamicsが「天体宇宙のエネルギーと呼応し、それを利用する」という概念のもとワイン醸造にも用いられています。

またオーストリアの14世紀から続くザルトZaltoグラス工芸の工房においては、地球の自転の角度と同じ 24度、48度、72度の三つの組合せを食料貯蔵庫の設計に用いると、食物の鮮度をより良く保つことができ、さらに味わいも深くなるという古代ローマの教えを元にクリスタルグラスに角度をつけ、製造しているのだそうです。

メキシコ人の知人は、満月になると美容室に行くのだそうで、そのサイクルが体にはとても良いそうですよ。

ちょっぴりミステリアスな感じがしますが、みなさんも何か自然と、生活に取り入れていてそれが心地よく感じているものってあるのではないでしょうか。

出産や潮の満引き、月の運行など「天体宇宙の法則」がごく自然に行われている、取り入れていることって案外多いものです。

*−−−*−−−*−−−*

30年前テオティワカンTeotihuacanを訪れた際黒曜石を拾ったお話をしましたところたくさんの方々からお便りを頂きました。

黒曜石=obsidiana(オブシディアーナ)黒くてツヤのある石。oxidiana(英訳obsidian)天然のガラスと呼ばれマグマの性質と急冷などの条件のために特定の火山地域でしか生成されない。

体験談1◆石は持ち主がその石を必要としなくなったときその人から離れるとも聞きます。黒曜石には『目標達成、攻撃的パワーアップ、所持者や置いてある場所を守る』という意味があるそうです。

ちなみにこの方はテオティワカンの太陽のピラミッドの上で日本の知人に偶然出会ったということです。ピラミッドには隠されたパワーがあるのでしょうか。

体験談2◆小学校の時、遠足で二上山に上り先生に教えてもらいサヌカイトを見つけて持ち帰りました。

石器に使うのですが、黒曜石のようなガラス質のツヤは無いものの欠けたところは鋭利でものを切る石器を作ったらしいのです。子供の頃鉱物に関心があった時期があり、でも大事なサヌカイト、どこに行ってしまったのか、確かに宝ものだったのに。(サヌカイト=讃岐石

「石器はそれをずーっと昔に作った人がいるわけでロマンがありますよね。それが時を越えてここにある・・・いいですよね!!大学の時は考古学のクラブにも籍があり発掘のアルバイトをしていました。ロマンがありますけど発掘はしんどい」

*−−−*−−−*−−−*

我が家の長男は将来は発掘などを手がける地質学の方面に進みたいと言っていますが、果たして発掘のしんどさに耐えられるのか??本当に大変な作業だと聞いていますがまだまだ現実よりもロマンに憧れ夢が膨らむ、お年頃のようです。

上野の国立科学博物館で購入した「化石発掘キット」(5cmx10cmほどの地層の中に埋まっている小さな化石を傷つけぬようクリーニングしながらプチ発掘体験できるもの)で掘り起こした三葉虫、アンモナイト腕足類、恐竜の骨、鮫の歯などの小さな化石(2〜3cmほど)コレクションと、いわきで発掘した化石。

P79305_20061017_1642_000.jpg

この中にわたしが30年前のテオティワカンで拾った黒曜石の石器があったらどんなに太古のロマンを語り伝えられたことか・・・と思いますが、みなさんがおっしゃっているように「持ち主がその石を必要としなくなったときその人から離れる・・・」わたしは子供や家族に囲まれて、日々大変ではありますがしあわせな時を過ごしています、黒曜石パワーのお世話になることがなくなった今、わたしたち大人も次なる目標をもって歩みださなければと思いました。

この夏20年ぶりにティオティワカンを訪れましたが「死者の大通り」はすっかり整備され、変わった石ひとつ見つけることができませんでした。

石にまつわるお話がみなさんにとっても忘れ難い思い出であるように、メキシコの太陽に照らされキラキラした黒曜石を初めて見た私の13歳の感動も忘れることはないでしょう。

我が家の子供がこれらの化石を手放すときには、大きな夢が叶ったときでありますように!sol(10月17日)