メキシコのインテルジェット航空

ここ数年前からメキシコ市からグアダラハラに里帰りする方が航空運賃が安いのでトルーカからの発着便を利用しているという話を聞いてはいました。

今回ホームステイ滞在させていただいていたご家庭の叔母さんも、カンクンに住むお孫さんに会うためにトルーカからのInterjet(インテルジェットと呼びます)航空で旅行されていました。

ところが航空運賃は安くてもトルーカ/カンクン飛行時間2時間、ラッシュ時間に当たるとトルーカ-メキシコ市間がバスや車で2時間と、とんでもない時間がかかってしまうことがあるそうです。

叔母さんは、カンクン滞在はどうだったか?インタージェットの飛行機は快適だったか?とみんなから質問されるたびに、安くていいけれど陸路の移動時間がかかりすぎ!という話を繰り返ししていました。

今、メキシコ国内中あちらこちらが工事中でそのほとんどが片道を通行止めにしているのでどこへ行っても渋滞です。

特に過密化しているメキシコ市では信じられないほどの大渋滞が日常茶飯事でした。昼間は暑いので、夜間に煌々とライトを照らし作業している光景を何度か見ました。これが近郊都市トルーカまでの渋滞の原因かと思うと納得できます。

一体いつまで続くのでしょうか―、しかしこの大規模な工事が終わった暁には見違えるようなメキシコが待っていることと思うと楽しみですね。

*—*—*—*—*

話は戻りますが、わたしがグアダラハラ行きの航空券を手に入れたいのだけれどという話をしましたらインテルジェットクリックメヒカーナ航空があるからインターネットで予約すればいい、悪いけれどトルーカ便でなくメキシコ市のベニトファレス空港Benito Juaresなら送迎可能だからそちらにしてね!と言われました。

というわけでメキシコ/グアダラハラ便の座席確保にかかりました。以前でしたら旅行会社や航空会社に電話したりして空席状況を確認したりしたものですが、今は世界共通、インターネットで空席状況が見られるなんて本当に便利になったものです。

クリックメヒカーナClick Mexicanaは週末運賃$1038.00ペソに加え25%引きの運賃があるけれど4時間以内にサンボルンスなどで支払を済ませなければならないのが条件、あとはインテルジェットINTERJET航空会社の最終便なら残席あり$832.43ペソ(約5700円)早速予約を入れて空港に向い、空港カウンターで支払いし出発2時間前にはチェックイン手続きをすませました。

インタージェット航空はバス移動しなければいけないので普通の国内線より早めに指定ゲートに行ってくださいとのこと。

▽Tゲートから数台のバスで移動し搭乗します

null

null

Tゲート集合、搭乗までは1時間ほどありましたが待合室には中国人経営のマッサージサロンがありメキシコ人がファミリーで利用したりして時間を費やしていました。

null

インテルジェット航空機は機体も新しく座席がとてもゆったりしていて革張り、小さなテレビ画面が機内上部に8台ほど、ミールはスナックとソフトドリンクととてもシンプルでしたがお値段から考えたら十分なものだったと思います。

オンタイムの出発、橙色に煌くメキシコ市の夜景を久しぶりに眺める事ができた夜でした。

▽INTERJET航空会社

null

*—*—*—*—*

各地方行きのバス会社と航空会社とも価格競争が激しいらしく、しきりと飛行機との比較を宣伝していました。バスは時間はかかるけれども国民の足的存在で、60歳以上の方は半額なのだそうです。

叔母さんは「カンクンはさすがにバスでは遠いけれどバスは半額だから旅行はたくさんしたほうがお得よ!」と言ってましたっけ。

今回の旅行ではバスも国内線も利用してみましたがどちらもとても快適でした。みなさんも旅行プランを立てる時には目的地や時間によってどちらを選択するのか旅行の楽しみとしてぜひご利用してみてくださいね。sol(4月14日)