祖母の思い出

わたしは幼少の頃、当時隣に住んでいた母方の祖父母に面倒を看てもらい育ちました。特に祖母・西きく が愛情を込めて育ててくれたように思います。

祖母は明治34年(1901年)3月生まれ。フリーダカーロが1907年生まれで生誕100周年記念展覧会を行ったところですから、生きていれば生誕110年にもなろうという位いでしょうか。

父は駆け出しの画家、母は中学校教員をしてフルタイムで働いていたので、父は家に居て仕事をしていたようですが、ミルクからオムツ洗いまで細々した育児全般はそのほとんどを祖母がやってくれていたようです。祖母に抱かれた写真が残っているせいか、ちょっと太っていた祖母のふっくらとした温かいぬくもりを覚えています。

自分の子供(母の兄姉弟)を6人も育て上げた祖母は育児の大先輩でもあり「子供のウンチが出ないときにはリンゴジュース」「お布団干し過ぎる(熱すぎる)と赤ちゃんの汗もが増えるから気をつけなさい」「三つ子の魂百までもだねぇ」など口癖のように言っていましたね。

宮城県(自分の郷里)まで湯治しに布団身の回り品持参で長期滞在で行ってしまうような大の温泉好きでした。

*—*—*—*—*

そんな祖母は霊感が強い人で、よく親類縁者にまつわるそういった話をして私に聞かせてくれました。

話の内容は、祖母が実体験を話すので特別怖いわけでもなく、ただその登場人物が、靴でなく下駄を履いていたり戦時中の軍服だったりするので自分なりに想像しながら話を聞くことが私にとっては興味がありました。

ずいぶん後になって母と伯母にその話をしたらば、そのほとんどを彼女たちは知らず、もしかして私だけが知っている秘密!!??と思いましたが、ま、私には霊感はないようだから大丈夫かなと思っていました。

ところが10年前、祖母が脳溢血で倒れる直前、なんだか胸騒ぎがして、祖母に会いに行きました。祖母はなんだか話し方がいつもと違って呂律が回っていないようで、メキシコに住んで居る母が来週戻ってくると言う。カレンダーをよく見ると母が帰国するのは来月12月14日(土)ちゃんと丸印がつけてありました。

私「和子お母さんは来月12月14日帰国だよ来週は帰ってこないよ!」

と耳が遠くなった耳元で言ってあげました。そしたら理解したようでしたがしきりと外を眺めながら

祖母「そうかい。今日はもうだれも来(き)ないね」

私 「誰か来る予定あるの?」

祖母「いいや、ないよ」

祖母「誰も来(き)ないね」

祖母「おお寒い寒い寒いっ、じゃあ昼寝するよ」

私 「ゆっくり休んでね。誰かきたらおばあちゃんに教えてあげるね」

そして当時6か月になる娘と一緒の布団で昼寝をして午後を過ごしました。これが祖母とのはっきりした最期のやりとりで、やがて娘だけが昼寝から目覚め、私たち家族は寝ている祖母一人を残して祖母宅を後にしました。

夜、祖母を看ている伯父に電話し「今日おばあちゃんの様子が変だったけれど大丈夫ですか?」と聞くといつもと変わりないと言う。

翌日、やはり姉に「おばあちゃんの様子が変なので会ってきて」と頼んで行ってもらったけれど、その翌日、祖母は救急車で運ばれ意識が戻らないまま3ヵ月後平成11年1月19日に97歳で帰らぬ人となりました。

今思えば、呂律が回っていないのは脳に疾患が出ていた証拠ですぐに救急車を呼ぶとか体を温めてあげるとか何か手当てはできたのに、胸騒ぎと不思議なことを話す祖母の異変に気付いてあげればよかった。その時の祖母の訴えをわかってあげたかった。

祖母は母がメキシコから帰国するまでは何とか待っていようと思っていたのか、わたしの一言でがっくりきてしまったのかもと反省しています。はいはいと聞いてあげて、否定的なことは言わない方がよかったのです。今だったら「おかしいな」と即異変に気付き、そしてその場限りでも気遣いのある言葉が言えたのにと後悔しきりです。

この時、わたしは祖母に呼び寄せられたことを身を持って実感し、以来、自分の直感を信じて行動するようになりました。日本での日常もそしてメキシコに居ても同様です。メキシコでも不思議なこと、ありました。こちらのお話はいずれまた。

わたしには祖母のような霊感はないようですが、愚痴は多かったけれどそれ以外よけいなことは一切言わない祖母が残してくれた唯一の「教え」のような気がして大切にしています。

今日は祖母が信仰していたとげぬき地蔵尊の大祭の日、そして夫の誕生日です。sol(4月24日)

メキシコのインテルジェット航空

ここ数年前からメキシコ市からグアダラハラに里帰りする方が航空運賃が安いのでトルーカからの発着便を利用しているという話を聞いてはいました。

今回ホームステイ滞在させていただいていたご家庭の叔母さんも、カンクンに住むお孫さんに会うためにトルーカからのInterjet(インテルジェットと呼びます)航空で旅行されていました。

ところが航空運賃は安くてもトルーカ/カンクン飛行時間2時間、ラッシュ時間に当たるとトルーカ-メキシコ市間がバスや車で2時間と、とんでもない時間がかかってしまうことがあるそうです。

叔母さんは、カンクン滞在はどうだったか?インタージェットの飛行機は快適だったか?とみんなから質問されるたびに、安くていいけれど陸路の移動時間がかかりすぎ!という話を繰り返ししていました。

今、メキシコ国内中あちらこちらが工事中でそのほとんどが片道を通行止めにしているのでどこへ行っても渋滞です。

特に過密化しているメキシコ市では信じられないほどの大渋滞が日常茶飯事でした。昼間は暑いので、夜間に煌々とライトを照らし作業している光景を何度か見ました。これが近郊都市トルーカまでの渋滞の原因かと思うと納得できます。

一体いつまで続くのでしょうか―、しかしこの大規模な工事が終わった暁には見違えるようなメキシコが待っていることと思うと楽しみですね。

*—*—*—*—*

話は戻りますが、わたしがグアダラハラ行きの航空券を手に入れたいのだけれどという話をしましたらインテルジェットクリックメヒカーナ航空があるからインターネットで予約すればいい、悪いけれどトルーカ便でなくメキシコ市のベニトファレス空港Benito Juaresなら送迎可能だからそちらにしてね!と言われました。

というわけでメキシコ/グアダラハラ便の座席確保にかかりました。以前でしたら旅行会社や航空会社に電話したりして空席状況を確認したりしたものですが、今は世界共通、インターネットで空席状況が見られるなんて本当に便利になったものです。

クリックメヒカーナClick Mexicanaは週末運賃$1038.00ペソに加え25%引きの運賃があるけれど4時間以内にサンボルンスなどで支払を済ませなければならないのが条件、あとはインテルジェットINTERJET航空会社の最終便なら残席あり$832.43ペソ(約5700円)早速予約を入れて空港に向い、空港カウンターで支払いし出発2時間前にはチェックイン手続きをすませました。

インタージェット航空はバス移動しなければいけないので普通の国内線より早めに指定ゲートに行ってくださいとのこと。

▽Tゲートから数台のバスで移動し搭乗します

null

null

Tゲート集合、搭乗までは1時間ほどありましたが待合室には中国人経営のマッサージサロンがありメキシコ人がファミリーで利用したりして時間を費やしていました。

null

インテルジェット航空機は機体も新しく座席がとてもゆったりしていて革張り、小さなテレビ画面が機内上部に8台ほど、ミールはスナックとソフトドリンクととてもシンプルでしたがお値段から考えたら十分なものだったと思います。

オンタイムの出発、橙色に煌くメキシコ市の夜景を久しぶりに眺める事ができた夜でした。

▽INTERJET航空会社

null

*—*—*—*—*

各地方行きのバス会社と航空会社とも価格競争が激しいらしく、しきりと飛行機との比較を宣伝していました。バスは時間はかかるけれども国民の足的存在で、60歳以上の方は半額なのだそうです。

叔母さんは「カンクンはさすがにバスでは遠いけれどバスは半額だから旅行はたくさんしたほうがお得よ!」と言ってましたっけ。

今回の旅行ではバスも国内線も利用してみましたがどちらもとても快適でした。みなさんも旅行プランを立てる時には目的地や時間によってどちらを選択するのか旅行の楽しみとしてぜひご利用してみてくださいね。sol(4月14日)

メキシコで高山病

日本からメキシコ市に到着後の翌日、メルカードデビエルネス(金曜市)を訪ねるためトルーカ市Tolucaを訪れました。

トルーカ市は、メキシコ市から車で1時間ほどメキシコ州Edo.de Mexicoの州都でわたしの現在住んでいるさいたま市(旧浦和市)と姉妹都市メキシコ州は埼玉県と姉妹都市(提携30周年を迎えるそうです)標高2680mそしてネバダデトルーカという更に高い雪を頂く山々に囲まれている美しい町です。

メキシコで一番暑いといわれているこの季節も寒い(涼しい?)と聞きジャンパーを持参しましたが思ったより寒くもなくメキシコ市と同じような気候だったように感じました。

かつて父・島田正治が描いたことのあるその町の名前の通り風光明媚な町バイエデブラボーValle de bravoやまたミチョワカン州への入口でもあります。

*—*—*—*—*

トルーカはやや高い所という認識はあったのですが、探していたメキシコ民芸品を求めて奥の村へと入っていくと、さらに山奥だったり、その村へ行くのに山越えをしたりしているうちにひどい頭痛を感じました。連れて行ってくれたホームステイの家族は必至でその村を探してくれていたのですが結局は山をひと回りしトルーカ市内の民芸館で購入することができた次第です。

この間、とても素晴らしい景色の村や山々、山にはマゲイの段々畑の間など走ったのですがあまりの頭痛でボーっとしていて写真を撮りそびれてしまいました、とても残念です。

メキシコ市では息苦しく感じることは過去に何度か経験していましたが時差ボケもあってか車の中でうとうとしたりして睡眠を補いどうにか復活。しかしとにかく頭が酸素不足という感じでしたから、すぐにこれは高度によるものということを確信したもののできることといえば塩分を多めに摂取(持参した梅干しをとにかく食べまくりました)すること、水分をとることぐらいで、あとは低地に行けば治るだろうと思っていました。(軽く診ていた訳ではありませんが)

みなさんもご経験おありと存じますがドライブなどで山に行くと耳が塞がれるような、そう、あれのさらに強い圧迫感です。

その後、航空機でグアダラハラ市(海抜1500m)に移動しすぐに楽になるかと思いきや頭痛の痛みを感じる直前にはぐぐーっと頭が締め付けられるので、トイレに入ってもベッドに入っても眠れない日が続きました。

*—*—*—*—*

そんな体調不良の中、食べて元気を取り戻さなければ!と必死だった時、グアダラハラ市にてお世話になったI氏のご家庭の日本食、そしてレストラン・スエヒロでの日本食は涙が出るほど嬉しかったです。お世話になりましたW氏にもこの場をお借りして御礼申し上げます。

チャパラ湖畔、そしてモレリア(海抜約2000m)に移動してからは徐々に痛みが取れてきました。しかし、今度は喉の痛みを感じ渡航直前に念のためにと処方していただいた風邪薬を飲んでようやく快適に過ごせるようになってきたところでメキシコ市へ移動、知人のドクトル難波から「それは酸素欠乏症=高山病ですよ、治ってよかったですね」と言われ、またホームステイの叔母からは「鼻で大きく息を吸って、口をつぐんでフッと短く吐くのよ」という療法を教わりました。

症状や治療はこちらをご覧ください。まさか自分が罹るとは夢にも思いませんでした。お年を召した方よりも若い人に、そして誰にでも起こりうる病気です、みなさんもくれぐれもご注意くださいね。

対策としては一日二日はメキシコ市をゆっくり観光するなど体を高地に馴らせるようなどゆとりをもった日程にすればまず大丈夫です、安心してメキシコを訪れてください。

大袈裟かもしれませんが、本当に死ぬかと思いました。今回無事に帰国できてよかった!と神様に感謝しています。sol(4月9日)

ハカランダの季節

メキシコは今、一年のうちで最も暑く日中は25〜30度、紫の花ハカランダの木がメキシコ中で満開の季節を迎えていました。

メキシコ在住の日本人の方々が、この花の開花を迎えると日本のを懐かしく想うということは以前から聞いていましたがその木の丈は桜に比べるとぐんと大きく大きいもので10メートル以上はあるでしょうか―見上げるほどで、抜けるような空の青さ薄紫のハカランダの配色は幹のこげ茶色とあいまってよりくっきりと印象に残るようです。

▼満開のハカランダ並木(グアダラハラ市)

null

日本の桜と同様、花のあとには青々した葉が出てきて新緑の季節を迎えます。ここ数年日本だけでなくメキシコでも気候が変化しつつあり、冬がきっちりと寒くないと薄紫の花と緑の葉が一緒に出てしまいきれいな薄紫色にはならないそうです。

今年はとてもよい咲き具合なのだとか。日本の両親にも見せてあげたいと思い、メキシコ各地のハカランダを写真に撮りました。

日本の桜前線はまだ到来していませんが、メキシコのハカランダを愛でて一足早く暑い暑いメキシコの春を満喫してきました。その他にもたくさんの色鮮やかな花々が咲き乱れ目移りしそうでしたがハカランダは雨期に入る前の4月いっぱいまで見頃とのことです。sol(4月1日)