家族でメキシコ旅行?プエルトバジャルタ

「家族でメキシコ旅行」シリーズ・・・子供連れの海外旅行ってどうだった?という質問にお答えするべく過去の旅行記から綴ってシリーズでご紹介しています、どうぞお楽しみに!

*—*—*—*—*

チャパラの家での毎日は子供にとっては自由で走り回って楽しそうだったのですが、のんびりと過ごすことに少々飽きてきた夫が「せっかく来たのだからメキシコ国内旅行にでも行きたいな」と言い始め、ではと村の中の旅行代理店カミノス・カメロットAgencia de Viajesに行き、国内旅行についての情報をもらいに出かけました。

アメリカン航空の当時のセーバーというパソコンが二台設置してあり書類も山積みで男性が1人でカウンター対応していました。

「日本から来ました島田の家族です。近日中出発でカンクン旅行に行きたいのですが3泊くらい、予算はこのくらい、空いてますか?」

と言うとVTP(Viaje todo con paquete)のパンフレットを見せてくれカンクン行きの飛行機の空席状況と時間をコンピュータ画面で見せてくれました、全ていっぱい、満席状態です。かろうじて空席があるのはメキシコ市乗り継ぎ便で時間滞もよくありません。子供がいてそれは厳しいものがあります。

ではほかにお勧めリゾートは?と聞きますと同じハリスコ州内のプエルトバジャルタPuerto Vallartaが近くて航空機の便も多いのでお勧めですよ、とのこと。

当時メキシコのリゾートといえばカリブ海カンクンアカプルコプエルトバジャルタなどの太平洋岸の流行は翳りを見せていてカリブ海のエメラルドグリーンの海を夫に見せてあげたかったしいささか残念な気もしましたが、近いということで、その分現地で楽しむ時間もたっぷりとれそうですからもうその場で決めて、予約・支払いを済ませました。

そんな手配中の忙しい中担当者の男性は、愛想はないのですが「子供はやんちゃ坊主か?」とか「Buen Viaje!(良い旅行を!)日本語では何と言うか?」など質問されたりしてやりとりし航空券発券までしてもらい帰宅しました。

いよいよ明日、初めての太平洋岸のリゾート地プエルトバジャルタへ出発です。(つづく)

▼チュラビスタDELMONTE76番地の家の前

20080905-RIMG0015.JPG

家族でメキシコ旅行?グアナファトへ!

「家族でメキシコ旅行」シリーズ・・・子供連れの海外旅行ってどうだった?という質問にお答えするべく過去の旅行記から綴ってシリーズでご紹介しています、どうぞお楽しみに!

*—*—*—*—*

グアナファトGunajuato小旅行へ出発の朝です。庭の農作物たちと芝生ににたっぷりと水を遣ってからグアダラハラのバスターミナルに向け出発しました。

水遣りを終えてから庭を振り返り「グアナファトから帰ってきたらナスがちょうどよい食べ頃になっているよ。」と言っていた父の言葉が思い出に残っています。

▼こちらの写真はわが家の今年2008年の初物ナスです

20080618-RIMG0001-1.JPG

*—*—*—*—*—*

グアナファトはメキシコ中央高原にあり16世紀の面影を残すコロニアル都市と近郊の鉱山群が1988年世界遺産に登録されました。30年前に初めてメキシコ市からバスで訪れたとき、丘の上から盆地の中でキラキラ光る町の灯りが見えたときにはその光景に大変感動しました。その当時はまだカンテラの灯りだったから輝いて見えたのかもしれません。

石畳に並ぶカラフルな家々は「色の組み合せ」の参考として小学生の図工教科書に掲載されていました。それを見た子供が「なんでこんなに色々なの 信じられない!」「誰が塗るの?」と言っていました。そのくらいピンク・赤・青・緑・・・本当にカラフルな家々が並んでいます。

▼長距離高速バスETNでグアダラハラ/グアナファト間は4時間

20080618-RIMG0004.JPG

今回は明日から開催される藤川汎正さんの版画作品展覧会初日のレセプションに参加が目的の小旅行でした。

夕刻、開場時間になると大勢のメキシコ人が流れるように入ってきてディエゴリベラ美術館Museo Diego Riveraディレクト-ルのフェデリコ氏の挨拶、作家の紹介、乾杯、その後じっくりと作品を観ていきます。

来場のメキシコ人に

「あななたちは作家の親戚か?」と聞かれ

「そうです、日本から展覧会を観に来たのです。」

恐らく日本人がみな同じ顔に見えそのように聞かれたのでしょう。

そういえば私の大好きな(同い年)山本シュウさんこと ”レモンさん”も「We are 親戚」の精神を唱えていらっしゃいますが、血のつながりがなくても何かの形で結ばれていれば「親戚」のほうがよりアミーゴな感じがしますよね、これからはこのスタイルで行きましょう!

▼レセプションで作家の藤川汎正氏と留学生と

20080619-RIMG0008.JPG

▼パンダのケーキ

「耳をかじるといいことあるよ!」「ほんと〜??」

20080619-RIMG0007.JPG

グアナファトは銀の鉱山で栄えた町。丘の上には独立運動の英雄である鉱夫ピピラの石像が建っていて父たちが留学していた40年前は急な坂道を徒歩で登ったそうですが、わたしが初めて訪れた30年前にはバスが開通していました。当時一緒にメキシコ旅行をしていたスペイン語を勉強中という母の、今は亡き友人の富川さんと二人バスで登ったことを思い出しました。

島田正治の代表作「グアナファトの橋」作品サイズ68x90cm

20080624-DSC_0020.jpg

▼「グアナファト大学」作品サイズ68x135cm

20080624-DSC_0006.jpg

父の作品のモデルとなった上記の場所をはじめ口づけの小径など観光スポットを観て歩き、市営墓地のミイラ博物館へ。さすがによく歩いたので帰りは滞在先のソカロのホテルまでタクシーで戻りました。ソカロに着くと週末ということもありマリアッチ楽団がロマンチックに音楽を奏で始めていました。

両親と待ち合わせてから、夕食のレストラン探しです。子供も同席してよいか聞いて歩き、その中の1軒ステーキレストランTasca de los Santosワインとステーキを頂きました。子供にはちゃんと子供椅子と子供用サイズだけれどちゃんと切ることができるナイフとフォークも用意してくれました。

グアナファト世界遺産に登録後、世界的に注目されグアナファト大学に通う学生の若者を中心とし観光に訪れる人も多く活気に溢れている町だなということ改めて感じました。

4日後グアナファトからチャパラへ戻った翌朝は父の畑で大きく実ったナスを収穫し焼きナスで食べました。(つづく)

▼グアナファト市内で

右はグアナファト在住の長島あきら氏

20080619-RIMG0006.JPG

島田正治作品ご希望の方はこちらまでご連絡ください。