家族でメキシコ旅行?サンアントニオ村

やっとの思いで辿り付いたチャパラの家。あんなにロスや機内でぐったりしていた子供なのに数時間寝て颯爽と起きてベッドから出て一人で遊び始めていました。

時刻は夜中2:00(日本時間朝11:00)。

体内時計が出来上がっている子供は自然に目が覚めてしまうらしく、行動し始め夜中にハサミを持ってチョキチョキ折り紙を切って工作しています。暗い中活動始めるのでこちらも気が気でなかったですが適当にライトをつけて寝ることにして家の中ですからまいいかと1人で遊ばせておきました。遊び疲れるとまたベッドに戻っているというサイクルでそれが日を追うごとに現地の時間に合わせ生活することが出来るようになっていきました。子供って適応能力あるのですね。

翌朝はもう父の畑の手伝いで庭で元気に走り回っていました。それはもう広々としていて芝が綺麗に手入れしてあり庭師の犬Cmpionと一緒に走り回り、木々は青々とし、日本では木に成っているグレープフルーツやオレンジ、バナナなどなかなか見られるものではありませんよね。

▼鍬をもってメシじじちゃん(メキシコのおじいちゃん)

の農作業のお手伝い。手前は花が咲き終わったナスの苗

20080618-RIMG0001.JPG

▼バナナの成り方にびっくり!

20080618-RIMG0002.JPG

バナナは太い茎ごと切り落して家の中に下げておくといずれ黄色くなり

(上だったか下だったか忘れましたが)順番に熟してゆき、冷凍にしたりバナナジュースにしたりと食べ方はバリエーション豊か。チキータバナナで子供が自分でもいで食べるのには丁度良いサイズのおやつでした。

▼実もたわわアボカドAguacateも鈴生り

(ご近所のチェパさん宅)

20080618-RIMG0016.JPG

この写真は両親がチャパラに住み始めた頃から懇意にさせていただいている元郵便局留めのチェパさんのお宅の中庭です。ずっしりとしたアボカドマンゴーが実もたわわに成っていました。

*—*—*—*—*

海抜1500mのチャパラ湖畔は年間を通して比較的温暖で冷暖房器具は必要なく暮らすことができカナダやアメリカからのリタイヤされた人たち向けの家具つきコンドミニアムなどの物件も多く充実しています。赤十字病院もあります。

当然、庭や家の手入れ、タクシーやレストランなどは村の人々の仕事となるわけで、英語やフランス語ができなくても村の人たちはコロニーの中でのんびりと庭の手入れをしたり農作業したり働いています。

そんな土地柄だったからこそ両親が20年以上も住むことができ、温かく受け入れ接してくれた村の人々のおかげでやってこれたことに、今本当に感謝しています。

湖畔を散歩中も村の中でも

「オラ!チマダ、コモエスタス?」と色々な人たちが声をかけて挨拶してくれました。

都度父は「えっとね、あれはどこの誰だったかな・・・」メキシコ人はみな同じ顔に見えるので相手の名前を間違えないように結構気を使うのだとのことです。(つづく)

▼チャパラ湖・サンアントニオ村周辺を描く百点より

島田正治作品サイズ33.5×44.5cm

20080624-HYAKKEI080.jpg