メキシコの看護婦さん

昨年、メキシコ市で病気になった母が24時間在宅看護でお世話になったイルマアンヘレスというメキシコ人看護婦の二人は、とてもきめ細かな温かい看護を通して母とそして私自身が励まされ学ぶことが多い時を共に過ごしました。

薬の飲ませ方、介護の仕方、病人を抱える家族のあり方、そしてキリスト教の教えまで、とにかく幅広い知識と技術で、彼女達はカトリコですから慈悲深さに於いてはそれはもう無限の愛をもって接してくれました。

ABC病院からの24時間派遣でお金を隔ててはいるものの、それ以上の彼女達の愛情があったから母の快復も早かったかと思い、心から感謝しています。

メキシコの看護婦さんたちは優秀な人材も多く輩出していて、そのほとんどがお給料のよいアメリカへ流れていってしまうという事実があることをメキシコ市で聞きました。

お給料はメキシコでの数十倍で、おまけにメキシコ人が喉から手が出るほど欲しいと言うアメリカの永住権、夫やその家族を養っていける家屋、手当てまでもアメリカ政府は出しているとの事です。

優秀な看護婦さんが減ってゆくのが目に見えて、少しでも留まってくれたらいいのに。。。とメキシコ人ドクトルたちは、手立てもなく寂しそうに言っていました。

*—*—*—*—*

そういえば一昨年日本でメキシコのイベントにメキシコ民芸品店として出店していたところ18歳前後かと思われる若者の男性グループに

「白いHuesoの彫刻のアクセサリーを探しているけどある?」

とスペイン語で聞かれ(わたしはHuesoはあまり好まないので)ここの店には置いていないよ、ところで何処から来たの?と聞きましたら厚木基地から来たという。メキシコ人なのに?米軍エアフォースなんだねと返すと、自ら志願したと、本人達は誇らしげに言っていました。

メキシコでは、この事実(イラク戦争で米軍にメキシコ人兵が多くいること)を政府が黙認していてずい分後になってからテレビ映像で発覚し問題になったということです。

けれど看護婦さん流出の問題と同じく、メキシコだけでないでしょうけれど貧しい国の若者にとってアメリカの永住権や想像もつかないようなお給料を貰えるとなると国を捨ててでも行く人がでてきても仕方ないのでしょうかー。

命がどれだけの価値なのかわからない子供たち、親にとって子供は限りなくかけがえのない宝ものなのに、とても残念なことだと思います。

またそんな子供を持つ親たちも

「息子はアメリカに行っている」

と誇らしげに言ったりするところがメキシコ人の悲哀を感じる部分でもあります。

私が親だったら・・・もちろん反対します。

が、貧困やそんな状況下にあったら子供の希望通りに行かせてしまうかも、しれません。五体満足で帰還してくれることだけをひたすら祈る毎日でしょう。

イラク戦争では中立の立場をとっていたメキシコですがこういった「光と影」の現実を垣間見てしまったようなメキシコの旅でした。

*—*—*—*—*

母の入院からちょうど1年。両親ともに元気をとり戻しつつありますがまだ時間はかかりそうです。メキシコ市でお世話になったみなさまには本当に心から感謝し、心より御礼申し上げます。

(2008年5月30日)

マンサニージャ

カモミールを収穫しました!

20080502-blog1.jpg

(本当に花びらが反るんですね!

ひまわりgirasolと同様で太陽の方角を向いて咲きます)

メキシコではテ・マンサニージャTe Manzanilla(カミツレ科の植物)と呼ばれ胃腸の働きを整えるハーブティーとして飲用されています。今回はジャーマンカモミールを育ててみました。

今でこそたくさんの種類の輸入ハーブティが販売されていますが、メキシコへ行き始めた当時日本では珍しく母は日本へ帰国する度にテ・マンサニージャのティーバッグを大箱で購入して日本で愛飲していました。

テ・マンサニージャは胃にもやさしく、薬といっしょに飲んでも大丈夫とメキシコ人ドクターも言っていましたっけ。日本でもティーバッグは販売されていますが、母にメキシコの味を忘れないでほしいと思って栽培を始めようやく収穫することができました。

*—*—*—*—*

もう20年前、3度目のメキシコ旅行のときの話です。

友人と一緒にレストランヴィップスVipsに朝食を食べに入りました。

紅茶が飲みたかったのでレモンティー直訳「テ・デ・リモン」と頼みましたらカップ一杯のお湯とレモン柄のついたティーバッグが添えられて出てきました。お湯に浸して待つこと数分、いつまでたっても紅茶色にはなりません。ウエイトレスに尋ねると、これがレモンのお茶、間違いないと譲らず、そのときに初めて自分の勘違いに気が付きました。

日本ではティーバッグは緑茶紅茶しかない時代でしたから、その先入観からレモンティーと注文してしまったわたしの間違いだったのです。あのときのウエイトレスは「このお客さん何を言っているのだろう」と怪訝に思ったでしょうね。

外国にはたくさんの種類のハーブティーというものがあることもこのときに知りました。アップルティー、ミントティー、ローズティーetc.パッケージを改めて見るとちゃんと絵も描いてある。

帰宅してからホームステイ先のドクトル難波に尋ねると、

紅茶はテ・ネグロTe Negro

レモンティーはテ・ネグロ・コン・リモン(紅茶のレモン入り)

ミルクティーはテ・ネグロ・コン・レーチェと注文するといいということ教えてくれました。

それからというもの、このレモンのお茶が結構やみつきになり飲み物を注文するときには「テ・デ・リモン、ポルファボール」と言うようになりました。以来メキシコならではの食べ物、メキシコでしか食べられないお料理や飲み物に興味を持つようになり、タコスをはじめメキシコ料理を心掛けて頂くようになりました。

そのとき食べたお料理は、現在わたしが日本で作る、家庭で作るメキシコ料理の基礎となっているものばかりです。

*—*—*—*—*

そういえば今メヒコでは緑茶ブームで健康維持のために緑茶Te Verdeを飲む人が増えているそうです。試飲させてもらいましたが缶に「Te verde」とは記載されているものの、味はウーロン茶に緑茶が混ぜてある(3:1の割合くらい)ほのかに甘い中国茶的な風味でした。

メキシコ市のとあるカフェバーでは本格的な日本茶(緑茶)が1杯50ペソ(600円ほど)で飲めるのだとか。日本茶本来の味かどうかわかりませんが一度は試してみたいなぁとは思っています。

ハーブティーにしてもたくさんの種類があるメキシコで、試飲した缶には「日本茶」の記載はなく「緑茶」とありましたから、緑茶といってもいろいろなフレーバーがあって当然なのでしょうね。

そのうち「緑茶のレモン風味」とか「緑茶の砂糖入り」など日本茶の常識を覆すような種類が出てくることでしょう、楽しみです。sol(5月17日)

*—*—*—*—*

※Te de limonの「リモン」は「レモングラス」ハーブティー。レモングラスはタイ料理「トムヤンクン」の隠し味にも使われている細長いハーブ。これのティーパックが、メキシコではマンサニージャと一緒に売られています。

◎レモングラス

原産地:タイ。リラックス・リフレッシュしたいときにお勧め。すがすがしいレモンのような香りとすっきりとしたレモン味の風味。一口飲むとレモンが口の中で広がります。とてもなじみやすく飲みやいハーブです。タイや東南アジアの料理によく使われています。同じレモンのような香りのレモンバームやレモンピールまた、ペパーミントとの相性が良いです。紅茶とブレンドしてもレモンティーのような風味を楽しめます。(ハーブティー専門店より) 

メキシコだけじゃない

春の引越しを機会に今回思い切ってドラム式洗濯機を購入しようということになりました。Laoxやヤマダ電機など下見して歩き、結果Hitachiの風アイロン機能つきかそうでないものかに絞り最終的に風アイロンなしを14万9千円で購入しました。

わが家は左開きタイプで在庫数が少ないため取り寄せになり購入から5日後にようやく届き、さあ念願のドラム式洗濯機の稼動です。

張り切って洗濯機の前に立ち、手順どおりにやってゆくのですが、なぜか途中でエラーになってしまいます。5回ほどトライしてみて、やはり同じ注水エラーが出ます、5回目でああこれは故障か水栓が原因ではないかなと気が付きました。

(→洗濯機の前で半日を費やす。)

早速水道屋さんに電話すると夕方に来てくれ、水道屋さんも30分ほど洗濯機の前に座り様子を見てくれましたが、水栓もホースも問題ないですしこれは洗濯機本体のせいではないでしょうかとのこと。

夜、購入した家電販売店に状況を話し電話すると、開口一番「大変ご不便をおかけして申し訳ございません」明日午後になるけれどもメーカーから直接来てくれるとのこと。

(→これで洗濯機が使えないまま1日が過ぎました。)

翌日、分解して見てもらったところ、水栓の弁が機能していなかったことで起こった「初めてのケース」とのことでした。水道屋さんと話してくれ水栓弁の不具合が原因だったこと説明してもらいました、とにかくわたしの操作ミスでも機械が悪いわけでもなかったわけです。

ところが後日商品をわざわざ取寄せてくれ新品に交換(申し訳ないです)こういうところが日本的だなぁと思いました。今は毎日ちゃんと動いてくれて助かっています。ただ、また弁が作動しなくなったらどうしようという不安はありますが、そのときには水道屋さんを呼べばいいわけで今回は解決しました。

こういう時って洗濯はできないわ、洗濯物はたまる一方で、苛立ちを覚えますが、どこにどのように苦情を言えばいいのか、また状況を冷静に伝えることを最優先して行動するしかないものですね。

メキシコでも家電が動かなかったりメンテナンスに来て貰うのに数週間かかったりetc.聞いていたのでメキシコだけではないんだなぁと、また、これがメキシコだったらば、状況説明はスペイン語ですから海外で生活するということは本当に大変な事だろうなと思いました。20年以上もメキシコで暮らしてきた両親は数々のトラブルを解決してやってきた訳ですから、すごいものだなぁと今更ながら感心します。

*—*—*—*—*

一軒家は電源が通じていないとかその家々によって色々あって当然という話は聞いてはいましたが、そんなことがあった直後でしたから、次なる電話とインターネットも果たして「通じるか?」なんていう日本の常識では考えられないですが不安感がありました。

PC環境もこの機会に憧れのブロードバンドにしようと思い、サイト運営のサーバーの関係もあり、KDDIの「光」にしたかったのですが縄張りがあるのかKDDIの開通予定はなくNTT東日本かケーブルTVのどちらかしか選択肢がなく検討した結果「ホームページからBフレッツ光に申し込むと4ヶ月無料キャンペーン中!」のNTTに3月13日に早速申し込みをしました。その後やっと連絡が来たと思ったら工事が混みあっていて月末になるという、今までも携帯電話だけでやってきて固定電話がなくても不便はなかったので了解すると、

今度は?免許証を拡大コピーしてFAX送付?設置場所地図確認のためFAX送るので受け取って場所に印をつけて再送してくれと担当者が言うので、こちらは引越ししたばかりだからBフレッツ光を申し込んでいて回線もないのにFAXしろとはどういうことですか?引越しで忙しいのにコンビニに行って拡大コピーとFAXを送れということですか?と聞きますと担当者の中島さんがはいそうですと真顔(真声)で答える。全く埒があかない担当者さんで参りました。

どう考えても納得できず116番に相談すると全てその場で処理してくれました。担当者によってこんなにやり方や対応が違うなんてどういうことなのでしょうか!

そして待ちに待った3月30日工事の日が来ました。がが〜っとルータを設置し、はい終了と帰っていったはいいけれど、取り扱い説明書などが入った大事な箱はどこかに置きっ放しだし、インターネットはお客さんでやってくださいと「電話だけつないで去ってしまった」という感じ。その置き去りにされていた初期設定のCD-ROMが見つからないために設定にどれだけ苦労したかは工事のおじさんはご存知ないでしょうね。

電話担当といい工事担当といいNTT東日本は残念ながらサービスという自覚が薄れ対顧客がいての企業としての価値はなくなってしまっているようでとても残念に思いました。無限にお客様がいて対応に追われ、仕事をこなすばかりで大変なのもわからないでもないですが・・・。

そして今日、昨日まで通じていた電話が不通となりました。大雨と風が強かったせいでしょうか。「ざざーっ」という音がして通話できません。まるでメキシコのチャパラにいるような錯覚を覚えました!

メキシコは雨季など大雨が降ると電話が通じなくなることも多く、落雷に備えて電源を落として停電にしてしまうこともしばしばでしたから今回の不通は風雨のせいかとも思いましたが、NTT全体の仕事振りを思い返すと電話が不通になっただけでなぜか腹がたってきました。

メキシコの病院でも「今、薬の在庫がないから取ってきます、すぐに戻りますね!」と言い残して薬剤師さんが戻ってきたのは1時間後。これも気長に待ちましたよ。

なのになぜ日本だと電話が通じないくらいでこんなに腹がたってしまうのだろう、これがメキシコだったら「また不通か!でも明日になったらまた通じているかも」なんて考え「仕方がない」とか「アスタマニャ-ナ(また明日があるさ)」で気長に待てるのだろうに日本だと待てないのか自分でも不思議な気がしました。

夫曰く、こんな細々したトラブルで厄よけできているのなら何でも来いだよ、とまるでメキシコ人のような余裕。突然不通になってまた今日も不通かぁという不自由さは、経験した人でないとわかってもらえないみたいです。

それにしてもこんなことがあってからは、中国製品・食品の問題然り日本の企業体質が変わってきているのか、一昔前では考えられないことが現実に起こるようになっているように感じています。

メキシコだけじゃないんだなぁと、ゆったりした気持ちで臨むと、ようやく笑えてきて(開き直って?)大きな気持ちで構えられる(何でも来い!)ようになってきたような気がする今日この頃です。

*—*—*—*—*

フレッツ光の電話はその後どうだったか?

再び大雨の日に不通となりました。翌朝晴れると開通するんです。

「初めてのケース」と言ってとりあってくれなかった住宅メーカーがようやく腰をあげ調査に乗り出してくれました。ポート(インターネットや電話の配線盤)のメーカーが来てくれたところ、IP電話なのに電話のスイッチになっていたこと、そして屋内配線の一部が雨で濡れる事によって不通になっているとのことでした。やっぱり・・・メキシコと同じじゃないですか!(自分でもびっくりです)。

フレッツ光は開発地域によっては工事不通も多く最初は不便ですが安定してくると不具合も解消されとても快適な環境ですよ。この辺りはもう少しの辛抱でしょうか。」

とメーカ−の方の前向きなご意見。そしてポートの故障でもないのにやはり新品のポートに交換され帰って行きました。

*—*—*—*—*

洗濯機のエラーや電話の不通の度にまたか〜と腹を立てたりため息ついたりし、故障でもないのに、新品に交換してもらい本当に機械に申し訳ない気がした4月の一か月でした。

そしてまた先日、朝から電話が不通でなぜ不通なのか工事情報を閲覧しようにもインターネットの接続も悪くてどうしようもない日がありました。(→仕方がないので庭の手入れに1日費やしました。)

メキシコに住む父がよく言っていました「急がない、怒らない」何事も物事はなるようにしかならないもの、です。

みなさんも日本だから大丈夫!という時代は終りをむかえているようです、くれぐれも安心なさらぬようにお気をつけ下さい。sol(5月2日)