メキシコの病院-1

◎メキシコ市で外国人がかかる大きな病院と言えば昔からABC病院ESPANOL病院ということは聞いていました。

今回お世話になったABC病院(アーべーセーと呼びます)は正式名称The American Blitish Cowdray Medical Centerでカトリック系看護婦さんがCarinosaカリニョーサ(慈しみ深い)なことでは有名です。

メキシコには日本でいう国民健康保険制度はありませんから医療費が保証されている人しか看て貰えないのも現実で、お金持ちの方ばかりが外来・入院されていました。

ロビーで一時間ほど待ったこともありましたがインディオらしき人は1人も通りませんでしたし、ドクターをはじめ看護婦さん薬局会計も看護婦派遣のMedicasaも皆英語を話していました。

その昔旅行会社に勤務していた頃、旅行中のお客様(若い青年)がケガでABC病院に入院しメキシコから日本のご家族に国際電話して、入院費が払えないのでメキシコへ外国送金してもらったというケースを思い出しました。

そういうわが家も「入院費がこのぐらいかかるが大丈夫か?」と確認されデポジットを入れてから治療が始ったそうです。もし現金(しかもある程度の現金)またはクレジットカードがなかったら・・・と思うと今ごろ母はどうなっていたことか鳥肌がたちます。

わたしの日本出発前に両親の知人の山本さんが「今メキシコ入国時US$10,000.00以上の持込みがとても厳しいから注意すること」「クレジットカードの利用額を引上げてもらう」というアドバイスを頂き、クレジットカードで支払えるものは全てカード決済にしたことで結果お金を工面することが何とかできたのでした。

クレジットカードは加入年数がある程度ないと利用限度額を引揚げては

貰えないので、このとき「信用=クレジット」ということを目の当たりにしました。

ご夫婦で加入のときには二人合わせて○○○万円まで、や、加入一年未満は50万円ほどが限度額のようです。大きなお買い物の時に・・・なんて広告を見たことがあるけれどこういう時にも役立つのですね。

そしてやはり大きいなぁと思ったのはゴールドカードの威力でゴールドカードを持っているとステイタスにもなるしカード付帯の海外旅行傷害保険の補償内容もサポートデスクも充実している。

今回はJALカード付帯の東京海上日動火災シカゴが病院との間に入ってはくれましたが立替制度は利用できず、すべて現地で自分で交渉・手配・支払い、こちらが医療費を立て替えたのでこれは本当に大変な作業でした。

けれど持つべきものは医者と弁護士、そしてクレジットカード(できればゴールドカード)です。sol(9月30日)