犬のオソ

ただいま文芸春秋画廊にて個展開催中、連日たくさんのお客様に作品をご覧頂きまして本当にありがとうございます。

本日、お客様と大作チャパラ全景の作品の中の湖畔沿いの道(通り)の説明をしていましたら、ふと、昔飼っていた犬のことが思い出されてましたので、今日はそのお話をします。

  *—*—*—*—*—*

◎チャパラ湖畔の家で犬を飼っていました。

▼島田家の番犬「オソ」

P56867_20070425_2223_000.jpg

写真には1992年と入っていますので、父が1人でチャパラ湖畔の家に住みはじめて5年ほど経った頃(15年前)のお話です。

何度目かのメキシコ出張の折、ロサンゼルス経由グアダラハラ空港から入国しホテルインスぺクション(ホテルを見学させてもらう)でグアダラハラチャパラのホテルを回ったあと、社長の許可を得ましてチャパラ湖畔の父の家に宿泊させてもらいました。

すると玄関先に大型犬が座っていて、わたしを見て吠えるでもなくじっと見つめています。父に聞いてみますと野良犬がいついてしまったとのこと、しかし賢い犬なので助かっているよ、とのことでした。それが写真の「オソ」です。オソとはスペイン語でOso=熊のことでその名の通り熊のように大きな犬でした。

日本のわが家はマンションでしたので動物を飼うことはできませんでしたのでメキシコで父が犬を飼っていることはとても意外でした。しかし、扱いも手慣れた様子で、ドッグフードなどありませんから食事の残りをお箸であげますと口をあけて食べるんです、面白い光景だな〜と思いました。

翌朝、父が描きに出かけようと玄関を出ると、オソが座ってスタンバイしています。おおよそ朝9:00ごろになると父に付いて行こうと待っているのだそうです。私たちが歩き出すとトコトコついてきました。

父:「これから(車の往来が多い)この通りを渡るけど、オソはここで引き返すんだよ。以前交通事故で怪我したらしいんだ。それ以来、この通りは渡ろうとしないんだよ、よほど怖かったんだねぇ。」

確かに。トボトボ引き返してゆきます。そしてまた玄関で主(あるじ)が帰宅するのを待っているのだそうです。それが父とオソとの毎日の日課らしいです。

わたしはその日の夕方にはメキシコ市に入らなければならずオソには「お父さんをよろしく頼むね。」となでてあげながら言って湖畔の家をあとにしました。この写真はその時のものです。

それから何年かの後オソは亡くなりましたが、やがて日本から行った母が一緒に住み始め、チュラビスタの大きな家に引越しすることになります。オソはわたしが1人暮しの父を「頼むね」と言った、自分の役割を全うしてから逝ってくれたのかと思うとオソの存在の大きさに今でも感謝し、思い出すたびに涙が出ます「ありがとうね!オソ」

   *—*—*—*—*

そんなオソのことを思い出しながら展覧会場で、お客様には「この辺りがサンアントニオ村で、この通りを渡るとチュラビスタです・・・」とご説明しています。sol(4月25日)