犬のオソ

ただいま文芸春秋画廊にて個展開催中、連日たくさんのお客様に作品をご覧頂きまして本当にありがとうございます。

本日、お客様と大作チャパラ全景の作品の中の湖畔沿いの道(通り)の説明をしていましたら、ふと、昔飼っていた犬のことが思い出されてましたので、今日はそのお話をします。

  *—*—*—*—*—*

◎チャパラ湖畔の家で犬を飼っていました。

▼島田家の番犬「オソ」

P56867_20070425_2223_000.jpg

写真には1992年と入っていますので、父が1人でチャパラ湖畔の家に住みはじめて5年ほど経った頃(15年前)のお話です。

何度目かのメキシコ出張の折、ロサンゼルス経由グアダラハラ空港から入国しホテルインスぺクション(ホテルを見学させてもらう)でグアダラハラチャパラのホテルを回ったあと、社長の許可を得ましてチャパラ湖畔の父の家に宿泊させてもらいました。

すると玄関先に大型犬が座っていて、わたしを見て吠えるでもなくじっと見つめています。父に聞いてみますと野良犬がいついてしまったとのこと、しかし賢い犬なので助かっているよ、とのことでした。それが写真の「オソ」です。オソとはスペイン語でOso=熊のことでその名の通り熊のように大きな犬でした。

日本のわが家はマンションでしたので動物を飼うことはできませんでしたのでメキシコで父が犬を飼っていることはとても意外でした。しかし、扱いも手慣れた様子で、ドッグフードなどありませんから食事の残りをお箸であげますと口をあけて食べるんです、面白い光景だな〜と思いました。

翌朝、父が描きに出かけようと玄関を出ると、オソが座ってスタンバイしています。おおよそ朝9:00ごろになると父に付いて行こうと待っているのだそうです。私たちが歩き出すとトコトコついてきました。

父:「これから(車の往来が多い)この通りを渡るけど、オソはここで引き返すんだよ。以前交通事故で怪我したらしいんだ。それ以来、この通りは渡ろうとしないんだよ、よほど怖かったんだねぇ。」

確かに。トボトボ引き返してゆきます。そしてまた玄関で主(あるじ)が帰宅するのを待っているのだそうです。それが父とオソとの毎日の日課らしいです。

わたしはその日の夕方にはメキシコ市に入らなければならずオソには「お父さんをよろしく頼むね。」となでてあげながら言って湖畔の家をあとにしました。この写真はその時のものです。

それから何年かの後オソは亡くなりましたが、やがて日本から行った母が一緒に住み始め、チュラビスタの大きな家に引越しすることになります。オソはわたしが1人暮しの父を「頼むね」と言った、自分の役割を全うしてから逝ってくれたのかと思うとオソの存在の大きさに今でも感謝し、思い出すたびに涙が出ます「ありがとうね!オソ」

   *—*—*—*—*

そんなオソのことを思い出しながら展覧会場で、お客様には「この辺りがサンアントニオ村で、この通りを渡るとチュラビスタです・・・」とご説明しています。sol(4月25日)

島田正治「墨で描くメキシコ」

島田正治〜チャパラ湖・サンアントニオ村周辺を描く〜メキシコ大使館後援

文芸春秋画廊(銀座5-5-12みゆき通り 03-3571-6493)

2007年4月23日(月)〜28日(土)11:00〜19:00(最終日は6:00まで)

JR有楽町(東京駅より1つ目)駅下車徒歩8分、メトロ銀座線・銀座駅A2出口

40点を越える最新作大作と、父の住むチャパラ湖・サンアントニオ村をテーマに105点の作品の中から展示します。3年間の集大成、力作で見応え十分な島田正治墨画の世界をこの機会にぜひご覧下さい。sol(4月22日)

▼文芸春秋画廊個展(みゆき通り)より

メイン作品「グアナファトの町」

P308168_20070424_1625_001.jpg  P94059_20070424_1625_000.jpg 

額に埋もれる

牡丹の花の色鮮やかな蕾が膨らみ始めました、開花は間もなく。メキシコでは、うす紫のハカランダの花が満開を迎えている頃でしょうか―。

島田正治「墨で描くメキシコ展」4月23日〜28日文芸春秋画廊個展に向け準備がほぼ整いました。

この時期わが家はに埋もれる生活を送ることになります。個展を経験されていらっしゃる方ならご存知かと思いますが、(父の作品は1〜2mほど)とにかく大きな額が並び、通る隙間を作るのがやっと・・・といったところです。

箱に収められた額は、スタート地点に待機しているマラソンランナーのように、搬入・飾り付けのときを待っている作品群たちです。

画廊に飾られ、みなさまにご覧いただく時を、まだかまだかと待っている作品たちを、自分と同じ魂(たましい)であると思っている父の作品をできるだけたくさんの方々にご覧いただけますよう願っております。

今回2007年出品作、大作は40点を越え、チャパラ湖・サンアントニオ村シリーズは105点(展示は20点より)と見応え十分な作品ばかりです。では来週、文芸春秋画廊にてみなさまをお待ちしております。sol(4月20日)

▼ハカランダの花(日墨協会誌最新号より 題字は島田和子・書)

20070420-blog1.jpg

▼風にゆれる牡丹の蕾

20070420-blog2.jpg

チップの話3

◎以前チップのお話をしまして、思い出したことがあります。中国・北京でのお話です。

昔、観光(ツアー)で北京を訪れた時のこと万里の長城を歩き終えてから、屋台のお店巡りをしました。とにかく凍てつくような寒さの中国大陸で、止っていては寒いので足踏みしながらお店の人とお話したりしていたのを覚えています。

途中、ある露天雑貨店で音珠(おとだま)を発見しました。それは、サラサラという音の鳴る(直径3cm〜5cmほど)心癒される美しい音色と色彩の七宝の工芸品で、みなさん中国や台湾のお土産でよくご覧になっている人気商品ではないかと思います。

1箱2個入りで売っていたので2箱買うといくらになるか、値段の交渉をしていました。すると後ろから「君達は旅行会社の社員なんだろう。外国に来たら外貨を落として帰るのが常識だよ」とツアーご一緒だったS氏に窘められました。

わたしたち(私と後輩の女の子)はあと少しで2箱が安くなるところでそれどころではなかったのですが(何元だったか値段は忘れました)通じない中国語で身振り手振り値段交渉を楽しんでいるのだからいいじゃない!と思ったものです。

しかし歳を経てみますと、イベントで子供が小物を欲しいといえば安価なら値切らずそのまま購入しますし、夜遅くタクシーに乗れば、夜間勤務ご苦労様と、960円なら1000円出しておつりはいいです、なんて言ったり小さいことが気にならなくなってきていることに、気が付きました。

お土産は「値切ってみるもの」「値段交渉を楽しむもの」としか思っていなかった自分に、今さらながら反省です。すごく安い工芸品だったのにね!

   *—*—*—*—*

メキシコ民芸品にても同様で、これだけの民芸品仕上げるのに相当の時間と労力かかったのだな、と思うと、2個3個でまけてくれとは言えず、100個購入してようやくどの位まけてくれるか?と言えるようになりました。それさえも申し訳なさを感じる時も、あります(情けは無用!?)。

若い頃は単なる旅行者で、現在は民芸品の仕入れで訪れているわけで、数量の差や感覚に差が出てきて当然なんですが。。。自分の変りように苦笑しています。

商品・作品(形のあるもの、そして、ないもの)には全て値段があり、それには相等の費用と労力がかかっているということが理解できると、値切るばかりでなくチップも弾んであげられるようになります。サービスが悪ければそれ相当に渡せばよいことです。

イミテーションかどうか、本当に良い商品・作品かどうかを見極める鑑識眼を持つことも大事です。自分の直感や勘を頼りに、しかしながら、これは「べらぼうに高い!」と感じた時にはまずは値段交渉から始めてみることにしています。sol(4月12日)

島田正治&ゴルキ-ゴンザレス

夢のコラボレーション展

ギャラリーモナ(麻布十番2-11-3加美弥ビル1階03-3451-7273)

最寄り駅:麻布十番駅、南北線1番4番出口、大江戸線7番出口徒歩3分

「墨で描くメキシコ」モノクロの島田正治水墨画の世界と、ゴルキ-ゴンザレス氏のスペインの面影を残すカラフルな「マジョリカ焼きの陶器」。グアナファトという共通の地をアートでご紹介する展覧会。本日より1週間開催、みなさまお誘いあわせの上どうぞお出かけください。

▼山桜も飾られ春らしいギャラリー展示風景

20070404-blog1.jpg

▼島田正治メイン大作「グアナファトの橋」2006年(68x90cm)とゴルキ―ゴンザレス、メイン大作「壺」(ギャラリー正面より撮影) 

20070404-blog2.jpg

この週末は統一地方選挙投票日がありますが、他にも様々なイベントが用意されています。麻布十番商店街は見て歩くだけでも楽しい町です。ぜひお出かけください。

【のみの市(骨董市)】4月7日(土)パティオ十番にて9時〜日没 【2007 花まつり】4月8日(日)15:00〜パレード