こもって書く

ただいま島田正治展覧会にて作品をご紹介する小さな作品集制作に、案内状に引続き取り組んでいます。

作品の撮影(写真家の高田泉氏に依頼)、写真の分類や構成など、来週デザイナーの大橋広史氏がフランスより帰国後ミーティング、原稿をお渡しするべく、ただいま考案中です。

そんなとき、わたしは仕事一式をカバンに入れ自宅近くのファストフード店に行きます。学生時代のデザインの宿題でしたら徹夜して仕上げたものですが今はもう夜型はとてもとても無理、体調を崩してしまいます。

コーヒーを注文し、一息ついてから作業開始。だいたい2時間〜3時間、その時間はあっという間に過ぎてしまいます。

なんで家ではだめなんだろう・・・家で1人で考えてもできるでしょうに、外ですと、何というのでしょうか限られた時間内でアイデア言葉が案外浮かんでくるのです。集中力でしょうか、1杯数百円のコーヒーでも、支払った分1人になったその時間を有効に大切に使おうと思います。

子供たちは勉強するなら自分の部屋でなく「図書館に限る」と言っていますが、わたしは「ファストフード店」

みなさんもそんなご経験お持ちではないでしょうか。

  *—*—*—*—*

そういえば、こんなスタイルを父・島田正治は早くから実行していました。

自宅マンションの階下にあった喫茶店「ブロッサム」チャパラだよりの原稿や他にも原稿依頼があると、サンダル履いて原稿用紙、鉛筆一式持って、出かけていました。

当時ドトールコーヒーなどはまだなく「喫茶店」というと、ちょっと大人びて聞こえ、ママさんがいて薄暗くてまた後には大きな犬(ゴールデンレトリバーだったかと思います)を店先で飼いはじめたりして、当時の私にとっては敷居が高い感じがしたものでした。

父は決まって同じ席に通され、コーヒーを注文し椅子に座って原稿を書いていました。緊急の連絡や電話があると、階下まで呼びに行きドア越しに呼んでもらいました。なんだか大人の世界に若年者が入るのが悪いような気がして。。。

今思うと、キューバに住まいキューバの自然や人々とのふれあいを大切にし小説を書いていたエルネスト・へミングウェイのようですね。今では喫茶店も閉店し違う店舗になっています。

現在、原稿を書く場所はチャパラ湖畔の家または日本の自宅となっていますがうってつけのお店でもあれば、コーヒーの味を楽しみがてら、父は原稿用紙一式を持って出かけて行くことでしょう。

  *—*—*—*—*

そう言えば母も書道で大切なを仕上げる時には人払いをし戸を閉めきり、和室にこもって1人書いていましたっけ。

今の私だったら犬が大好きになったのでワンちゃんに会いにお店に入ってコーヒーを頂きながらママさんと犬の話に花が咲いていたかもしれないな、なんて1階商店の前を通りながら思い返しているところです。sol(3月16日)