ラ・カシータ

◎思い出のメキシコ料理ラ・カシータに行ってきました。

週末のランチタイムともあって店内はお客様でいっぱい!でした。

通されたのは「思い出」のテーブルでした。なぜかいつもこの席なんです。遡ること15年前・・・まだ独身時代のお話です。

知人からお誕生日にフラワーブーケをもらったのでお返しにメキシコ料理をご馳走することにしました。夕食の約束をしていたので予約を入れて「ラ・カシータ」へ、オーナーシェフ渡辺さんがテーブルまで挨拶しに来てくれました。

「これはチチャロン、サービスですよ、どうぞ。」とニコニコして出してくれました。

だいぶ後になってそのときの男性と縁あって結婚したことを報告しましたら

「やっぱりねぇ・・・いい雰囲気でしたからね〜」と言われてしまいました。わたしはまだまだ全く結婚するつもりもなかった時だったのですが。。。そのときの思い出の席が今日の席なんです。

そんな鋭い勘の持ち主渡辺さん「チレ」メキシコ民芸品の話に花を咲かせ、やがてまた混んできたのでお店をあとにしました。

(ランチメニューのエンチラーダをいただきましたがお腹がすいていたものですから急いで食べた為写真撮り忘れました、すみません)

▼オーナーシェフ渡辺庸生氏のオリジナルデザート

大人気の「セノーテcenote」アロス・コン・レーチェも美味しいですがセノーテもぜひお試しあれ!

P92436_20070310_1328_000.jpg

レシピはいずれお料理本にて公開とのことです。

▼ラ・カシータのお店

P99101_20070310_1349_000.jpg

東急東横線・代官山駅下車(03-3496-1850)徒歩3分です。

トルティーヤプレスで手作りタコスの場合は250℃〜400℃とできるだけ高い温度で焼いたほうが美味しいとのことアドバイスいただきました。