グアテマラでマクドナルド

アンティグアでマクドナルドに入りました。

グアテマラシティから車で約1時間、旧首都のアンティグアに行きました。

1917〜1918年にかけてのグアテマラ大地震でアンティグアが壊滅、現在のグアテマラシティに遷都したということです。アンティグア市内には当時の瓦礫のままの建物もまだ残されています。

はるか遠くには、地震国であることの象徴である煙を出している活火山を望むことができました。

▼写真左側の火山から煙

20061226-bazar2006-7.jpg

▼市内を囲むように四方に見える活火山の山々

20061226-blog5.jpg

 *—*—*—*—*

アンティグア観光中、お昼ご飯にはまだ早いが喉は乾いたのでちょっと休憩することにしました。そういえば以前もこんな中庭のレストランに入った記憶があるなあ、と両親が言うので入って見ましたら、そこは「マクドナルド」でした。人間って不思議なもので意識していなくても自分の好みのお店や足の向く方向ってだいたい決まっているようです。

手入れの行き届いた中庭、奥には子供用プレイランドもありユニフォームもサービスも万国共通です。ではランチを済ませようということになり

BIgMacセット28ケツァル(約450円)

Macnificaセット28ケツァル(約450円)

Polloセット36ケツァル(約580円)

「母がマックシェイクがいいわ」というので聞きましたら「マックシェイク」という言葉は通じなくて、「飲むアイスクリームはありますか?」と尋ねましたら「聞いたことありますが当店にはありません」とのこと、残念ですがCafe con Leche(あたたかいコーヒー牛乳)を注文しました。

わたしは日本のメニューにはないMacnificaセットを注文しましたがソースの味がちょっと変っている、オーストラリア牛でなくアルゼンチン牛を使用、といったところでお値段も味も大きさも日本とほとんど同じなのには驚きました。

日本に帰国後、「マックに入るならもっと美味しいファストフード店があるんですよ!」と友人に教えてもらいました。(○○Polloというチキンバーガーおすすめのお店、名前控え忘れましたので聞いておきます)次回はそこに行くことにしましょう。

  *—*—*—*—*—*

そういえば、アンティグアで出会った日本人の方がスペイン語マンツーマンクラスを1週間単位から受講、日本人は〜一ヶ月受講するけれど、欧米人は1週間受講してそのまま南米大陸を南下してゆくのが一般的なのだとか。「ではまたどこかでお会いしましょう」と挨拶してお別れしました、彼らももう南米大陸探検に出発している頃でしょうか。

sol(12月31日)