島田雨城歌書展

●喜寿記念

島田雨城(しまだ・うじょう)歌書展

京都文化博物館6階(和室)

京都市中京区三条高倉 075-222-0888

3月18日(金)〜20日(日)10:00〜18:00(入場17:30まで)

島田正治の兄、島田雨城の喜寿記念の自詠歌書展。

昨秋の席書会で揮毫した「自詠歌書(143点軸物)」「屏風作品(30点)」を展示予定。ぜひご来場ください。

わたくしが学生時代によく通っていた京都は、

このころは、桜のつぼみがふくらみ始め、春の香りがたくさん満喫でき、歩いて散策していていると暑いくらいで、軽装ででかけたものでした。早いときには3月20日頃から桜が咲き始めた年もあり、「今年の桜はどこぞが素晴らしい」と、祖父・島田真二郎が、哲学の道に行くにはとバスの乗り継ぎ方など道案内を広告の裏に書いて教えてくれたのを思い出します。京都は、四季折々の美しさがあり、いつ行っても楽しむことができます。

昨年京都を訪れた折、初めて、京都をレンタサイクルで市内を走りました。歩道は広くて段差がなく走りやすく、また、朝の通勤時、前カゴには「防犯用のネット」なくしてそのままカバンを入れて走っているのには驚きました。(おおげさ?)

従妹に「防犯用のネット」について聞いたところ

「そんなん、聞いたことないな」とひと言。

東京とは違って、せちがなくない(?)、のどかな京都を感じました。

「一澤帆布店」と「イノダコーヒー」だけは必ず寄って帰ります!

わたくしの大好きな京都とshopのお話でした。

sol(3月9日)