府川次男・和装本

●府川次男・和装本と折り形(おりがた)

府川洗山(せんざん)「はじめての和装本」(文化出版局)著者

島田正治とは、故・長坂吉和氏と学芸大学時代からの友人。

(チャパラだより341号に追悼の文章掲載)

上記著書に使用した和紙は多数が「和紙の店・大直」のもの。今回

吉祥寺ロフト「和紙の店・大直」店(0422-23-2673)にて和紙の講習会を開催。1月22日(土)23日(日)はアルバムや作品集にふさわしい粘葉(でっちょう)装仕立て本。それぞれの季節にあった制作なので人気とのことです。

※お申込み・年間スケジュールご希望の方は上記までお問合せ下さい。

▼ぜひご参加ください。”トークも楽しい”府川先生です。

20041216-blog32.jpg