セルヴァンティーノ国際芸術祭

●島田正治・島田和子「二人展」

Festival Internacional Cervantino2005

(ドン・キホーテ画面のあとSaltar Intro⇒左下Artesの「A」をクリックしてご覧下さい)

10月5日(水)〜23日(日)メキシコ・グアナファトにて開催

展覧会場:ムセオ・トーマス・チャ-ベス・モラード(シラオ)

○展覧会は10月〜11月いっぱいまで開催ですのでメキシコ在住のみなさまぜひお出かけください。

「サンアントニオ100景」最新作はじめ墨画40点、書20点を一堂に展示。

オペラ・ムシカ(音楽)・ダンサ(舞踊)・テアトロ(演劇)・アルテ(芸術)の部門にわけ、世界遺産指定された古都グアナファトの町全体が劇場・会場となり催されるこのフェスティバルは33回目。わたくしも遡ること旅行会社勤務時代に、この時期ホテル手配をしたところ全く予約が入らず”セルヴァンティーノ芸術祭”があることをその時初めて知りました。世界各国からアーティストが集結、また、それを観るために世界から人が集います。

日本のオペラ「夕鶴」上演、トリオ黒沼の演奏など、日本からのアーティストもたくさん参加しています、詳細はプログラムをご覧下さい。

今からの旅行手配?グアナファト市内でなければ大丈夫、かもしれません。ダメ元で(株)メキシコ観光までお問い合せください!

長年メキシコに関わり各地方のお祭りも観ましたがセルヴァンティーノだけは行ったこと、ありませ〜ん。ぜひ一度は観てみたいもの・・・です。sol(9月6日)

加古川ヤマトヤシキ

島田正治「墨で描くメキシコ展」7月6日〜11日終了いたしました。

京都・大阪・岡山・四国方面から、また月刊絵手紙に掲載中「島田正治メキシコ便り」をご覧のお客様、島田親戚の方々などなどたくさんの方々にご来廊いただきまして本当にありがとうございました。

東京から嫁いでいらした方や、京都から嫁いでいらした、父の京都・堀川高校同級生の方、絵手紙を習っていらっしゃる方、などなど島田正治と縁のある方が加古川には意外に多く、たくさんの方々に作品を見ていただくことが出来ました。作品・画集をお買上げいただいたみなさま、またヤマトヤシキ関係のみなさま、神戸新聞社さま、有難うございました。また今後ともどうぞ宜しくお願い致します。sol(7月14日)

●最終日7月11日(月)には駐日メキシコ大使

ルイス・カバーニャス大使と日本-メキシコ友好コンサートを翌日に控え来日中の黒沼ユリ子さんがお見えになり、報道陣で、ギャラリーが人でいっぱいになりました。

▼芳名録いっぱいに大きなサインをしているルイス・カバーニャス、メキシコ大使

20050715-blog4.jpg

●今回、初の「島田正治墨画&ゴルキ-ゴンザレス陶器」コラボレーションが実現いたしました。壁面はモノクロームの墨画、卓上はカラフルなマジョリカ陶器。

▼会場風景

20050715-blog3.jpg

▼コンサートで訪れていたメキシコ在住バイオリ二スト黒沼ユリ子さんが見にいらして下さいました

P17223_20050711_1425_000.jpg P267360_20050711_1425_001.jpg  

▼ゴンザレス氏のご長男・ロドルフォさんと記念撮影。

私たち、小さい頃ゴンザレス邸で一緒に遊んでいた”幼なじみ”なんですよ!

20050715-blog1.jpg

2004年個展のご報告

○カテゴリ編集し直しました。

「島田正治・個展」は昨年の展覧会の様子など掲載しています。ご覧いただけなかったみなさまお手数おかけいたしました!

カテゴリ⇒「島田正治・個展」をクリックして

どうぞご覧下さい。

今日はあたたかで”春一番”ふきそうですね!!sol(2月23日)

展覧会・イベントのご案内

みなさん、こんにちは。

おかげさまで島田正治墨画とメキシコ民芸品のアルテ・シマダはホームページ「墨と太陽」開設1周年を迎えることができました。1年間ありがとうございました。

こちらブログ・アルテシマダ「メキシコと私obras(オブラ)」にては

展覧会・イベントのご案内をしてまいりますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。みなさまからのご意見・情報もどんんどんお寄せください。お待ちしております!

●島田正治・和子二人展

文藝春秋画廊(銀座)2004年4月5日〜10日

(好評のもと終了いたしました)

3年ぶりの個展開催。今回は島田正治=墨画、島田和子=書と水彩画という夫婦ふたりの二人展となりました。

2003年10月25日「ポカポカ地球家族」TV朝日放送(2003年バックナンバーからご覧下さい)にては37年間のメキシコ生活が紹介されましたが、そんな二人のメキシコで制作した作品の数々を展示。夫婦滞墨20年それぞれに記念の作品集(「書籍」をクリックしてご覧ください)もメキシコ檜山印刷にて出版。たくさんのみなさまにご来廊いただきましてありがとうございました。sol(4月5日)

▼会場風景             ▼みゆき通りから

20041127-blog9.jpg  20041127-blog10.jpg

▼圧巻!「ピタヤサボテン」     ▼俳優・金田龍之介氏と

20041127-blog11.jpg  20041127-blog12.jpg

●J−WAVE「プライムアングル」に出演(2004年5月13)

▼六本木ヒルズ・スタジオにて     ▼水曜日コメンテーター・島田昭彦(甥)と

20041127-blog14.jpg  20041127-blog13.jpg

●島田正治「墨で描くメキシコ」京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)

2004年5月18〜23日(好評のもと終了いたしました)

メキシコより帰国、故郷・京都での個展は1992年の京都国際交流会館展以来12年ぶり。京都メキシコ文化協会(右京区)の呼びかけで実現。大作100点以上の作品群は圧巻で、京都新聞・KBS京都テレビ・NHK京都などに生出演京都外国語大学にて講演会(ラテンアメリカ研究所主催)、展覧会場はたくさんの入場者で連日にぎわいました。
sol(5月18日)

▼会場風景・好評だった、掛け軸作品 

20041127-blog17.jpg  

▼会場風景・大作の数々

20041127-blog18.jpg

▼NHK京都「京のひと・よいばなし」生出演(5月19日)

20041127-blog19.jpg

アートコーヒー銀座4丁目店メキシコ・コーヒーハウス、オープン記念「島田正治・墨画展」(03-3561-7328東京メトロ銀座駅B2出口右)

2004年6月1日〜8月31日(展示は終了いたしましたがメキシコ・コーヒーフェアは2005年5月まで)標高1000〜1200mのベラクルス州アトゥスコ地区のコーヒーは酸味と香りがよく、おすすめ!sol(6月30日)

▼メキシコ・コーヒー・ハウス第一弾「島田正治・墨画展」

20041127-blog6.jpg 20041127-blog7.jpg

“展覧会・イベントのご案内” の続きを読む