島田正治メキシコ墨画展in御宿

【島田正治メキシコ墨画展】

月の沙漠記念館(JR外房線御宿駅下車徒歩7分)

0470‐68‐6389

【Expo Shimada】Expo de MasaharuShimada SEP/08-NOV/23,2016 en ONJUKU,Chiba,Japon

会期:

2016年9月8日(木)〜11月23日(水)まで

※水曜休館(最終日は祝日のため開館します)

午前9時〜午後4時30分

入館料:

大人400円、高大生300円、小中生200円

後援:

在日メキシコ大使館

【お知らせ】

いよいよ今週11月23日(祝水)をもちまして最終日を迎えます。

最終日には黒沼ゆり子先生のメキシコ友好の家にてコンサート(2:00‐, 4:00‐)月の沙漠記念館にてもサム・モレノ氏のコンサートが予定されています。みなさまお誘い合せの上ぜひご来場ください!

20160907-P9050158-onjuku2.jpg

*−−−*−−−*−−−* 

1609年フィリピンからアカプルコに向う途中のガレオン船が

千葉・御宿に漂流、その時から日本メキシコの交流が始まり400年、そのガレオン船がメキシコへ帰還した1610年から400年目の2010年メキシコ本国、そして日本にても様々なイベントが開催されました。

また御宿町はドン・ロドリゴ総督の故地であるプエブラ州テカマチャルコ市と、アカプルコ市に次いで姉妹都市協定の調印を行いました。

20160907-P9050189-onjuku.jpg

△石田義廣御宿町長と

20160907-P9050181-onjuku3.jpg

△太平洋側から月の沙漠記念館を望む。平成2年竣工の記念館は御宿町役場と並ぶモダンな建物。

今回の見どころは135x135cmという圧巻の大作2点。

また、展示作品36点うち2点(?グアナファトの橋?サンディエゴ教会、原画は展示ありませんが?ウシュマル遺跡のピラミッド含め3種類)のオリジナルポスターも販売いたします。ぜひミュージアムショップもご覧頂き原画と見比べて頂ければと存じます!

20161002-P9040152-violin.jpg

△ヴァイオリンの家

9月、10月は伊勢エビまつりも開催中です。岩和田海岸では海水浴のお客様や、大会に向けて練習に励む学生さんの姿も多く見られました。御宿駅からの大通りには9月30日(金)黒沼ユリ子先生のヴァイオリンの家もオープンします(土日のみ公開)。

残暑厳しき折、束の間リゾート気分と新鮮な伊勢エビを味わいがてら、ぜひみなさまお誘い合わせの上お出かけください。sol(9月8日、2016年)

御宿までのアクセス【オススメ】

浜松町駅・東京駅から高速バス

東京駅よりJR特急わかしお

※尚、案内状御入用の方はお送りいたしますのでご住所・お名前をお知らせ下さい。

島田正治展覧会in ハラパ

島田正治展覧会がベラクルス州立大学ギャラリー(メキシコ・ハラパ)で始まりました。遠方ですが7月いっぱい開催中です。みなさまどうぞお出かけください。

Empezo la Expo de MASAHARU SHIMADA.Ahora esta expuesta la obra victorica de mi papa en la Galeria Ramon Alva de la canal en Xalapa hasta al domingo 31 de Julio,2016.

20160710-P6200025.jpg

ガレリア・ラモン・アルバ・デ・ラ・カナル 入口のフラッグ

一滴文庫の展覧会と講演会

【若州一滴文庫 島田正治展】

5月19日(日)午後1:00より 

くるま椅子劇場にて島田正治講演会が行われました。

地元のお客様をはじめメキシコより来日中のお客様や東京、京都、大阪、奈良からなど100名近いたくさんのお客様にご来館・ご参加いただきました。

第一部では、故・水上勉先生が島田正治展覧会開催中の銀座文芸春秋画廊を訪れ作品を初めてご覧頂いた時の事、その後交流が始まりお便りでのやりとり、ここ一滴文庫開館当時に訪れた話、水上勉先生の別荘で一晩中語り明かした思い出などをお話しました。

昭和59年(1984)6月に水上勉氏によって発表された若州一滴文庫の設立趣意書には、ここ大飯町出身の水上先生の一滴文庫設立の思い入れが述べられています。

*—*—*—*

喫茶室の六角道ではメキシコのノパルサボテンのアイスがふるまわれ束の間「ノパルとは?」という話に花が咲きました。

ノパルは食用のうちわサボテンでビタミン・ミネラルが豊富で野菜が多くないメキシコではステーキなどの付け合わせとして欠かせないものです。

ご記憶の方もいらっしゃると思いますが両親が出演した「ぽかぽか地球家族」ではノパルのソテーが紹介されていましたね。

第二部は本館に戻り島田正治が作品展示室にて日本の5.5倍ほどある広大で雄大なメキシコの話、制作の苦労話などを語りました。

20130527-blog2013-519-2.jpg

タスコの町(204×137?)※ポスター掲載作品。

*—*—*—*

島田正治の墨画が京壁(土壁)に融け込み、しかしメキシコの雄大な風景が浮かび上がって迫りくるような素晴らしい空間での展覧会です。8月5日まで開催、ぜひお運びください。

また今回ご来館いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

sol(2013年5月25日)

若州一滴文庫 島田正治展

【予告】

◆若州一滴文庫・島田正治展のご案内

日時:2013年5月8日ー8月5日

(火曜休館、祝日の場合は開館、翌日休館ご注意ください)

会場:若州一滴文庫

福井県大飯郡おおい町岡田33-2-1

0770-77-2445

島田正治講演会

演題「墨と太陽」

5月19日(日)午後一時より

入館料 300円(要予約/先着150名様)

故・水上勉先生と交流のあった作家展、今年は島田正治展が開催されることになりました。ご遠方ですがみなさまぜひお出かけください!sol(4月12日2013年)

※案内状ご希望の方はこちらまで ?お名前?ご住所?お電話番号 をお知らせ下さい。折り返し確認のメールをお送りいたします。アルテ・シマダ(4月12日)

NHKラジオ深夜便

島田正治(しまだまさはる)がNHK「ラジオ深夜便」 ”こころの時代” に出演します。サイト内「おすすめ情報」にピックアップ掲載されましたのでご覧ください。

日墨交流400周年記念交流の一環として、メキシコとの40年「墨画の世界」をNHKディレクターの竹内氏のナビゲーターでご案内します。

「ラジオ深夜便」は長年のリスナーの方々も多くいらっしゃるNHKラジオ長寿番組のプログラムのひとつです。プログラムは書店、スーパーなどに小冊子として販売されていますのでご覧になったことがある方も多いと思います。中島潔さんの表紙、そう、それが「ラジオ深夜便」です。

メキシコ在住の方々にも元気になったお声をお聴き頂けたら幸いです。

父は、「チャパラ在住時代にお世話になったメキシコ人の方々には日本語がわからないから知らせなくていいよ」と言うのですが

元気になった、シマダの声だけでもお聴きいただければ今までご心配いただいたみなさんに安心していただけるのではないかと、グアダラハラのテレビ・サに勤める知人を通してサンアントニオ村の方々にもお知らせしています。

父の心の声が、メキシコにも届くといいなと、思っています。

NHK第一放送「ラジオ深夜便」 ”こころの時代”

日本時間:12月1日午前4時〜

(メキシコ時間:11月30日午後1:00〜)

※「ステラ」にも島田正治が「おすすめ情報」に掲載されています。

海外でご視聴の周波数のご案内

どうぞお楽しみに。sol(11月20日)

島田正治墨画展〜千万描けば〜

【好評のうち無事に終了いたしました!】

おかげさまで台風18号メ―ロー襲来の前に会期を終えました、ご来場いただきましたみなさま誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。10月12日アルテシマダ島田てるひ

綱島ギャラリーこやま

横浜市港北区綱島東1-7-18 045-545-1105

(東横線・綱島駅東口下車1分、渋谷より急行で20分です) 

10月1日(木)〜7日(水)11:00〜18:30(最終日17:00)

久しぶりの横浜・綱島での個展です。みなさまどうぞお出かけください。島田正治

こちらにての個展は実に20年ぶり。オーナーの熱意とご厚意により実現しました。小さな会場ですが最新作の「魚の絵」など、心をこめて描いた作品を展示します。ミニミニ作品も展示販売いたします。プレゼントに、卓上に!お勧めです。ミニミニ作品は4000円〜どうぞお楽しみに!!

小さな空間のアートを楽しんでご覧いただければと思います。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

※作家の在廊はギャラリーまたはてるひ090-1609-8756あて当日お問合せください。

※東京新聞横浜版・川崎版9月28日1面に「ギャラリー」ピラミッド作品と共に紹介※読売新聞10月2日掲載されました。

sol(10月1日)

▼飾り付けを終えみなさまをお待ちしているメイン作品

「魔法使いのピラミッド」(マヤ・ウシュマル遺跡)90x68?

右「ピタハヤサボテン」33.5x44.5?

左「チャパラ町」44.5x33.5?

null

▼今回人気のシリーズ作品「魚の絵」

null

▼ギャラリー外観

トナラ焼きふくろうがみなさまをお迎えしています。

null

島田正治メキシコ墨画展in伊豆下田

島田正治メキシコ墨画展が始まりました!

▽二年ぶりの個展ということもあり、いくぶん緊張もあったようですが、画家にとって展覧会は晴れの舞台。オーナーはじめたくさんのみなさまのご協力によりおかげさまで初日を迎える事ができました!null

▽ギャラリースペース点外観

20090524-P5230492-blog.jpg

▽地元紙・伊豆新聞社の取材・撮影中です。

null

初日よりたくさんのみなさまにご来場いただき誠にありがとうございます。地元・下田のお客様が多くまたご遠方からのお客様にもご覧頂くことができ島田正治も喜んでおります。会期はまだまだ続きます、みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

会期:5月22日(金)〜31日(日)1:00〜5:00(26日は休廊)

会場:ギャラリースペース点

静岡県下田市宇土金323-10 0558-28-1516

最寄り駅:下田駅 または 蓮台寺駅 

◎お車でお越しの際、

「上原近代美術館」または「上原仏教美術館」とカーナビに入れていただきお越しください。ギャラリー「スペース点」はすぐ向いです。

◎電車でお越しの際、

東海道線「熱海駅」より伊豆急行に乗換え「下田」または「蓮台寺」(下田の1つ手前)までお越しください。

*—*—*—*—*

ギャラリー「スペース点」移転オープン記念第二回目の展覧会。

島田正治の1970年代の作品〜近代までの作品、新旧合せて40点を展示。初めて公開の作品もあり必見の価値あり!です。

今回はメキシコ民芸品の中でもなかなか入手できないメキシコ州サンフェリペ村、オトミ族の刺繍布、ミチョワカン州ハリスコ州トラケパケのカラフルなメキシコ民芸雑貨も展示販売、とてもご好評をいただいております。

みなさまお誘い合せの上どうぞおでかけ下さい。※ご予定がわかりましたら予めギャラリーまでご一報頂けると幸甚です。※作家の在廊はお尋ねください。sol(5月24日)

▽初公開「メキシコ市 郊外の家」スケッチ1970年代頃

(今回みなさまにご好評いただいている人気の作品です)

null

▽島田正治お気に入り作品

サンアントニオ村風景2点が並ぶギャラリー展示風景

null

▽品の良い色柄のおすすめ刺繍布とメテペック焼物、ジャガーの面など。この機会に直接お手にとってぜひご覧ください!

null20090524-P5230478-blog.jpg